スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋悠治「Je Te Veux」

久しぶりの静岡、久しぶりのDJ、久しぶりの夜更かし、そして久しぶりのスマル亭。イヴェントも大にぎわいの大盛り上がりで、疲れたけど楽しかったです。帰りの車の中では、KILI-5とヒップホップ、特にECD周辺の話題で盛り上がりました。そんなわけで、今日は珍しくこんな曲でも聴きながら家でのんびり寝てます。ECDがコンパイルしたCD『PRIVATE LESSON IN CONTROL コロムビア編』のしょっぱなに収められていたまさかの1曲。もちろん、MALICE MIZERではなく、エリック・サティのあの曲です。現代音楽家でサティのピアノ曲演奏の第一人者→高橋悠治さんのことは、昔、坂本龍一のラジオ番組(NHK FM『サウンドストリート』)で知りました。すっかり忘れてましたが、教授自身も加藤和彦のアルバム『ベル・エキセントリック』(1981年)の中でこの曲を演奏してたんですね。いまさらですが、教授やECDからはいろんなことを教わったなと。でも、マリスも好きだぜ。
(1976年作品)

作曲/Erik Satie

>>公式ページ

サティ:ピアノ作品集(1)
サティ:ピアノ作品集(1)
高橋悠治 サティ

関連商品
サティ:ピアノ作品集(2)
サティ:ピアノ作品集(3)
プレイズ・バッハ
ケージ:プリペアド・ピアノのためのソナタとインターリュード
ATAK006
by G-Tools
ECDのPRIVATE LESSON IN CONTROL コロムビア編
ECDのPRIVATE LESSON IN CONTROL コロムビア編
伊集加代 ちあきなおみ マリア四郎 EP-4 西城慶子

関連商品
ECDのPRIVATE LESSON IN CONTROL キング編
いるべき場所 (Garageland Jam Books)
1997~1998 COLLECTION
by G-Tools
ベル・エキセントリック(紙ジャケット仕様)
ベル・エキセントリック(紙ジャケット仕様)
加藤和彦 やすいかずみ

関連商品
パパ・ヘミングウェイ(紙ジャケット仕様)
うたかたのオペラ(紙ジャケット仕様)
あの頃,マリーローランサン
ガーディニア(紙ジャケット仕様)
それから先のことは(紙ジャケット仕様)
by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

トーキョーズ・クーレスト・コンボ「The April Fools」

え?、本日は4月1日ということで、月並みですがバート・バカラック先生の代表作をインストでカヴァーしたこの曲をば。つっても、店主はこのCD持ってないんですけどね。実はさ、この曲の日本語(トンデモ)カヴァーがあったらいいな?とか思ってiTSを検索してみたら、日本のアーティストで引っかかったのがこのバンドで、へぇ?、いまじゃこんなのまでiTSで買えるんだ…と軽く驚いた次第でして(ちなみに、この曲は高橋幸宏もカヴァーしてます)。てか、そう言えば、昨日→3月31日はピチカートのお葬式からちょうど7年目だったわけだし、小西康陽さんがプロデュースしたこのグループを取り上げるにはちょうどいいタイミングだったのかも…とかなんとか思いながら、現在の小西さんの活動拠点であるコロムビア*レディメイドのサイトをのぞいてみたら、こちらがまた本日付けでガラッとリニューアルされててこれまたビックリ。新しくなった同レーベルのサイトはいままで以上に見どころ読みどころ、そして聴きどころも満載なので、ぜひ一度チェックしてみてくださ?い♪それではみなさん、良いエイプリル・フールを!(なんだそれ)
(1992年作品)

作詞/Hal David
作曲/Burt Bacharach

クール・クラブ・カレンダー
クール・クラブ・カレンダー
トーキョーズ・クーレスト・コンボ

by G-Tools

iTSでの試聴・購入はコチラ
Tokyo's Coolest Combo - クール・クラブ・カレンダー Cool Holidays - THE APRIL FOOL

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!

『KING RE-JAZZ SWING』シリーズ

『渋谷ジャズ維新』シリーズ(SOLID RECORDS)でもおなじみの若杉実氏が監修を手がける、和モノジャズ発掘の新シリーズがスタートしました。1950?60年代、日本のジャズ黎明期にキングレコードに残された貴重な音源を現在第一線で活躍するアーティスト、DJがコンパイルするという今までありそうでなかった好企画。今回、ナイスな紙ジャケットでリリースされた作品と選曲者は次の通り。

江利チエミ『Chiemi Sings』(選曲:土岐麻子)
東京キューバン・ボーイズ『Latin Operation』(選曲:北原雅彦、茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ))
スマイリー小原とスカイライナーズ『DANCE WITH SMILEY』(選曲:コモエスタ八重樫)
白木秀雄『PLAY THE FUNKY!』(選曲:若杉実)

いずれ劣らぬ名演・名曲揃いだが、特に強烈なのが白木秀雄。半世紀近くも前に作品なのに抜きどころ(ドラムブレイク)満載!
(2006年4月26日発売)

>>公式ページ(KING RECORD)
>>曲を試聴する(江利チエミ)
>>曲を試聴する(東京キューバン・ボーイズ)
>>PVを視聴する

KING RE-JAZZ SWING
KING RE-JAZZ SWING
江利チエミ Carl Jones シャープス・アンド・フラッツ

by G-Tools
KING RE-JAZZ SWING
KING RE-JAZZ SWING
東京キューバン・ボーイズ 福原彰 松本英彦

by G-Tools
KING RE-JAZZ SWING
KING RE-JAZZ SWING
スマイリー小原とスカイライナーズ

by G-Tools
KING RE-JAZZ SWING
KING RE-JAZZ SWING
白木秀雄

by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!

ヤン富田「フォーエバー・ヤンのミュージック・ミーム2」

TOWER RECORDSが運営するbounceレーベルからのリリースということで、フリーペーパー「bounce」やそのweb版であるbounce.comで必ずや組まれるであろうヤンさんの特集が今から(音源と同じくらい)楽しみ?♪本作は一応ヤン富田名義でのリリースということになっているが、@TOWER.JPでの情報によると、ドゥーピーズやヤン富田・いとうせいこう・高木完の3人による新ユニット、ナイーヴスによる曲なども収録されている模様。でもって、7月にはドゥーピーズのセカンドアルバムがリリースされるらしい。何年ぶり?11年ぶり!
(2006年5月25日発売)

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

フォーエバー・ヤン ミュージック・ミーム2
フォーエバー・ヤンのミュージック・ミーム2
ヤン富田

by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!

『マンデイ満ちるコレクション/秋吉敏子編』

若杉実氏が監修を手がける「渋谷ジャズ維新」シリーズの最新作。シンガーでありDJでもあるマンデイ満ちるが、母親であるジャズピアニスト秋吉敏子の膨大な作品の中から選りすぐりの名演をコンパイルするという、なかなかヒネリのきいた母娘コラボレーション。トラックリスト等の詳細はSOLID RECORDSの作品紹介ページを参照してください。マンデイがフルートで参加した曲というのは1曲目の「カーニバルの朝」のことかな?
(2006年2月18日発売)

>>公式ページ(マンデイ満ちる)
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

渋谷ジャズ維新 秋吉敏子編
渋谷ジャズ維新 秋吉敏子編
オムニバス

by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!

丸山繁雄『ア・ヤング・ファーザーズ・ソング』

下のEP-4の記事でも名前を挙げさせていただいた音楽ライター若杉実氏が監修を手がける「渋谷ジャズ維新」シリーズの最新作(の1枚)。ジャズ・ヴォーカリスト、丸山繁雄が'81年に発表した1stリーダー作の初CD化なんだそうです。店主はこれまで彼の作品をまったく聴いたことがないのですが、和製“スキンドゥ・レ・レ”発掘!という惹句には、さすがに反応してしまいました(笑)。詳細については、リイシュー元であるSOLID RECORDSの作品紹介ページを参照してください。ってか、いま日本で最も信頼できる音楽ライターでありCDの監修者であり、そして凄腕のDJでもある若杉氏のお墨付きなら、まず間違いないと思って間違いないですよ。いつか、氏がコンパイルした歌謡曲のCDというのも聴いてみたいっす。
(2006年1月21日発売)

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

ア・ヤング・ファーザーズ・ソング
ア・ヤング・ファーザーズ・ソング
丸山繁雄

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第24位(1/21現在)

Pecombo『tempo feliz』

pecombo

男女5人組による混声コーラス・グループPecombo(ペコンボ)の1stアルバムが遂に出ます!店主は去年の夏、名古屋市栄のHMVでインストアライヴを見て以来すっかり彼らにイカレっぱなしだったので、これは超楽しみ。ってか絶対楽しいアルバムに決まってる!Pecomboを知らないという人は、ぜひ下の公式ページで曲を試聴してみてください。どうです?彼らの音楽の楽しさがストレートに伝わってくるでしょ?
(2006年1月1日発売)

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

B000BU6PLM
tempo feliz
Pecombo

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第28位(12/7現在)

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。