スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

℃-ute アー写キターッ!!

cute

いよいよCDデビューが秒読み段階に入ったってことなのでしょうか。メンバー8人のソロ写真も同時にアップされてます。新メンバー有原栞菜のちゃんとした写真を見たのはこれが初めて。ヤバス、落ちそう。Berryz工房に対抗できるのは、やっぱり℃-uteしかなさそうな現実。

>>公式ページ(Hello! Project)

ハローキッズ VOL.1
ハローキッズ VOL.1
ミニモニ。 保田圭 ハロー!プロジェクト・キッズ

関連商品
Berryz工房シングルVクリップス2
たからもの
娘DOKYU!Vol.2
リトル・ホスピタル Vol.2
娘DOKYU!Vol.1
by G-Tools
ハローキッズ VOL.2
ハローキッズ VOL.2
矢口真里 松浦亜弥 ハロー!プロジェクト・キッズ

関連商品
Berryz工房シングルVクリップス2
たからもの
リトル・ホスピタル Vol.2
リトル・ホスピタル Vol.1
娘DOKYU!Vol.2
by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第27位(1/31現在)
スポンサーサイト

SISTER Q「WORKING GIRL」

所属事務所は、山下達郎、竹内まりや、スクービードゥー、玉置成実らと同じSmile Company。そのわりには、音楽面での志の高さがあんまり感じられないアイドルユニット。3rdシングルにあたる今作は、同じ事務所の放送作家・鈴木おさむ(森三中・大島の旦那さん)が作詞を担当。あくまで楽曲よりネタ重視ということか。それならそれで、地下アイドルが逃げ出すくらいの振り切れ度を期待したい。
(2006年3月8日発売)

作詞/鈴木おさむ
作曲・編曲/中野雄太

>>公式ページ
>>曲を試聴する ※公式ページのTOPで曲の一部が流れます
>>PVを視聴する ※TVスポット(15秒)

WORKING GIRL(初回限定盤)
WORKING GIRL(初回限定盤)
Sister Q

関連商品
Hot chocolate
BATTLE FUNKASTIC
IDENTITY
LIBERTY WINGS
グッジョブ!クリスマス・エディション
by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第27位(1/31現在)

THE PINK HOPS「恋のターゲットボーイ」

pinkhops

前の記事の「加トちゃんのスキャットマン」とは、ある意味遠くて近い親戚関係。こちらはMe&My「Baby Boy」の日本語カヴァーで、c/wもやはりMe&Myの「ドゥビ・ドゥビ?Dub-I-Dub」のカヴァーという念の入れよう。DJ仲間とかが見てる前でこの手のCDを買う時、必ずと言ってほど「買って一体どうすんだよ?」みたいなツッコミを入れられるんですが、そんなもん最初からどうするつもりもないよ。ただ、目の前で10円以下で売られているから買う。それが8センチャーの性なのです。
(1996年作品)

作詞・作曲/Georgi,Hartman,Langholf,Richie Balmorian,Robin Rex
日本語詞/Peng Peng
編曲/倉地雄志

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

恋のターゲット・ボーイ~ベイビ
恋のターゲット・ボーイ~ベイビ
THE PINK HOPS peng peng 倉地雄志

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第26位(1/30現在)

加藤茶「加トちゃんのスキャットマン」

scatman

昨日まとめ買いした8cm CDSのうちの1枚。レア盤というほどではないが、8センチャーなら見た以上買わずにはいられない類いの作品。大ヒットしたSCATMAN JOHN「SCATMAN」の日本語カヴァー。プロデュースとアレンジは、いまやJ-R&B界の大物プロデューサーであるT.Kuraこと倉卓治。ちなみにお値段は2円1銭でした。
(1995年作品)

作詞・作曲/JOHN LARKIN-ANTONIO NUNZIO CATANIA
日本語詞/本木茂
編曲/倉卓治

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

加トチャンのスキャットマン
加トちゃんのスキャットマン
Scatman Cha!(加藤茶) 加藤茶 本木茂

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第28位(1/30現在)

やしきたかじん「やっぱ好きやねん」

和製クワイエットストーム*の最高峰。オケだけ聴いてると、同時代に大ヒットしたSurface「Shower Me With Your Love」(試聴はこちら)あたりとほとんど変わんない。毎晩どこかのスナックでこの曲が歌われてたなんて、当時のおっさんたちの方が今よりよっぽどソウルフルだったと思いません?
(1986年作品)
*クワイエットストームとは、元々はソウルバラードやジャズ/フュージョンに絞った選曲で人気を集めたNYのラジオ局WBLSの番組名(本当の元ネタはまた別にあるのだが、長くなるので省略)。それがやがて、80年代に世界的なブームを巻き起こした都会派ソウルバラードの総称となった。

作詞・作曲/鹿紋太郎
編曲/川村栄二

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

<COLEZO!TWIN>やしきたかじん
やしきたかじん
やしきたかじん

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第25位(1/29現在)

白鳥吏南 from 原宿BJ Girls『伊勢佐木町ブルース』

伊勢佐木

昨年9月のどうでもいいような記事の中でほんの申し訳程度にご紹介した「原宿BJ Girls」から、まさかの超絶盤が登場しました。本作は全6曲入りのミニアルバムで、タイトル曲の「伊勢佐木町ブルース」(青江三奈)のほかにも、「東京ららばい」(中原理恵)「ジョニィへの伝言」(ペドロ&カプリシャス)「 星降る街角」(敏いとうとハッピー&ブルー)「どうぞこのまま」(丸山圭子)「バス・ストップ」 (平浩二)といった昭和歌謡のスタンダード曲がカヴァーされています(カッコ内はオリジナル歌手)。プロデューサーはどういうわけか美メロ探偵KC(ネタ古すぎ?w)こと松尾潔。にもかかわらず(試聴音源には)R&B臭いっさいなし。オルタナ風味は満点。同時リリースの水橋舞 from 原宿BJ Girls『夢見るシャンソン人形』も要チェック。
(2006年1月25日発売)

>>公式ページ(原宿BJ Girls)
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

伊勢崎町ブルース
伊勢佐木町ブルース
白鳥吏南 from 原宿BJ Girls

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第25位(1/28現在)

AKB48「桜の花びらたち」

下にリンクを貼ったORICONの特設ページでフルサイズのPVが視聴できます。ぶっちゃけ、今となってはこのプロジェクトの目的が一体何なのか店主にはまったくわかりません(笑)。純粋に楽曲についてだけ書くなら、今どきここまでレトロなアイドルポップスというのも滅多にないだろうから、これはこれでありかなと(変な日本語ですが…w)。いつまでこの路線で引っ張るんだ?とか、そういうまっとうな考えを持たずに突っ走れば、案外面白い芽が吹いたりして。
(2006年2月1日発売)

作詞/秋元康
作曲/上杉洋史

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

桜の花びらたち
桜の花びらたち
AKB48

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第26位(1/27現在)

今井裕「A COOL EVENING」

70年代にサディスティック・ミカ・バンド、サディスティックスなどで活躍したキーボーディストの今井裕がサディスティックス在籍中の'77年に発表したソロアルバムの初CD化。アナログ盤でもあまりお目にかかれない作品だったので、これは嬉しいリイシューです。作品の詳細はリイシュー元であるvivid soundの商品ページを参照してください。店主はサディスティックスのセカンドアルバム『WE ARE JUST TAKING OFF』とかいまだに大好きなんですが、本作はそれに近い路線のようだし、これは迷わずウィッシュリスト行きですね。
(2006年2月15日発売)

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

A COOL EVENING
A COOL EVENING
Yu Imai

関連商品
THRU TRAFFIC
Sadistics
Heart To Heart
アウェイクニング
KID
by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第26位(1/27現在)

萌えすぎ木曜日

本日は夕方から地元のメイド喫茶2軒をハシゴしてきました。1軒目は毎度おなじみ、いまや弁天島の新たな観光名所となった海辺のメイド茶房Harmony Dolls。もう1軒は今月14日街中にオープンしたばかりの萌カフェスタジオルチェンテです。ルチェンテへの帰宅は今日が初だったのですが、ちょうど昼間のカフェ営業から夜のパブ営業に切り替わる直前の時間帯に帰宅したため、両方の時間帯のメイドさんとお話できるという幸運に恵まれました。店主はこの2WAY方式の営業形態にはいまいち萌え煮え切らないものを感じる立場の者ですが、今日お世話をしてくれた二人のメイドさん、萌依(めい)ちゃんと美喜ちゃんはめちゃめちゃカワイかったです。

CURE MAID CAFE’ 夏服ミニコスチューム60
CURE MAID CAFE’ 夏服ミニコスチューム60

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第27位(1/26現在)

京本政樹シングル2曲同時リリース

ここんとこ、シングル、アルバムともにコンスタントなリリースが続く京本政樹。今回はなんと、シングル「僕はまだ恋をしてはいけない」「優しい言葉」の2曲を2月8日同時リリースという荒技に出ました。以前、ご紹介したアルバム『僕が愛を伝えてゆく』のジャケットや、あの伝説のサムライギターなど、この人独特の世界観に店主はすっかりやられっぱなし。今回も「僕はまだ恋をしてはいけない」ってタイトルに完敗です。

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

僕はまだ恋をしてはいけない僕はまだ恋をしてはいけない
京本政樹


by G-Tools
優しい言葉
優しい言葉
京本政樹

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第28位(1/26現在)

「にょきにょきチャンピオン!」セットリスト予想

Berryz工房の新曲(タイトル未定)の発売日が3月29日に決定したようです。でもって、同曲のシングルVは4月5日発売。3月26日の戸田市からスタートするBerryz工房コンサートツアー2006春 ?にょきにょきチャンピオン!?は、記念すべき10作目のシングルを引っさげてのツアーになるわけですね。あぁもう、今週末の横浜アリーナとかすっ飛ばして(笑)心はすでに3月へ!!というわけで、早くもツアーのセットリストを勝手に予想してみました。当てにいくというより、願望丸出しに等しいリストなので、ほとんど参考にならないと思いますが…(汗)。

※OPENING(スッペシャルOP)
1.ギャグ100回分愛してください
2.新曲(10thシングル)
3. 女子バスケット部?朝練あった日の髪型?
※MC
4.ハピネス ?幸福歓迎!?
5.恋の呪縛
6.お昼の休憩時間。
7.秘密のウ・タ・ヒ・メ
8.21時までのシンデレラ
※MC(ポエム)
9.蝉
10.恋はひっぱりだこ
11.パッション E-CHA E-CHA
12.友情 純情 oh 青春
※VTRコーナー「恋してる時はいつも…」
13.愛する人の名前を日記に
14.さぼり
15.あなたなしでは生きてゆけない
16. ファイティングポーズはダテじゃない!
17. ピリリと行こう!
※MC
18. なんちゅう恋をやってるぅ YOU KNOW?
19. スッペシャル ジェネレ?ション
ENCORE
20.Berryz工房行進曲
※ MC
21. ありがとう!おともだち。
ENDING(客出し)
BERRY FIELDS(Inst.)


前半の1?8あたりは、けっこう妥当な線かも。3はモーニング娘。で言ったら「いきまっしょい!」に相当する曲なので、アルバム曲ながらコンサート序盤に持ってくると予想。9?11は2?3名ずつに分かれてショートヴァージョンで歌うコーナーを想定。曲目は違っても、1stアルバムや過去のシングルのc/w曲を聴かせるパートはまだ残るという希望的観測ですね。お約束のVTRコーナーには「恋してる?」を予想してみたけど、本当はこの曲は生で歌ってくれたら最高。まだコンサートで歌われてないシングルのc/wの中では、一番聴きたい曲かも。終盤のシングル連発部分も大体こんな感じじゃないかな。あと、アンコールのラストは以前なら「Bye Bye またね」なんだろうけど、今となっては舞波の卒業ソングの印象が強すぎる気がするので、今回は「ありがとう?」と予想。このセットリストでも殺傷能力はかなりのものだと思うんだけど、どんなもんでしょ?

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

Berryz工房シングルVクリップス2
Berryz工房シングルVクリップス2
Berryz工房

関連商品
ハローキッズ VOL.2
ハローキッズ VOL.1
Berryz工房コンサートツアー2005秋 ~スイッチON!~
美勇伝ライブツアー2005秋 美勇伝説II~クレナイの季節~
シングルV「NAMIDA」
by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第25位(1/25現在)

推定少女「しょうちのすけ」

本人たちのブログを読む限り、活動してる気配がまったくしないんですけど…。まさか、このまま消えたりとかしないでよ。この曲で出てきた当時のあのハラハラ、ヒリヒリする感じをもう1回プリーズ。
(2001年作品)

作詞/秋元康
作曲・編曲/百石元

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

16-sixteen-
16-sixteen-
推定少女 ミヤモトコウイチロウ HIKARI

関連商品
17’s Heaven
IZUMO ~猛き剣の閃記~ オープニング主題歌 Romantic Chaser
2nd W
Make Progress
ALIVE&KICKING
by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第24位(1/25現在)

大仁田厚「ファイヤー!!」

詳細は不明ですが日本元気化計画CDなんだそうです。発売元のエイベックスには、一刻も早く曲を試聴できるページを開設していただきたいものです。ちなみに大仁田先生は歌がたいへんお上手でいらっしゃいます。でもって、もうひとつの焦点は、あの議員先生がPVに登場してるかどうか…ですよね!?
(2006年2月15日発売)

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

祭り (DVD付)
ファイヤー!! (DVD付)
大仁田厚

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第25位(1/24現在)

hide with Spread Beaver「ROCKET DIVE」

この曲はやっぱアレだね、PVの世界観がスバラシス。宇宙船の中でジャージやナイロンパーカーを着た「宇宙の暇人たち」が暇つぶしでバスケットボールに興じたり、ロックを演奏してみたり…みたいな図。カジュアルなサイバー感とでも形容すればいいのかな。もし、当時Jay Kay(Jamiroquai)がこのPV見たら、きっと大喜びしたんじゃないか。90年代を象徴するアイコンという以外、まるで共通点がなさそうな二人なんだけどね。それくらい見事に(音楽を超えて)時代の気分を反映したPVだったと思います。
(1998年作品)

作詞・作曲・編曲/hide

>>公式ファンページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

hide SINGLES~Junk Story(通常盤)
hide SINGLES~Junk Story(通常盤)
hide 森雪之丞

関連商品
hide BEST?PSYCHOMMUNITY?
HIDE YOUR FACE
KING OF PSYBORG ROCK STAR
Ja,Zoo(ヤズー)
TELL ME
by G-Tools
seventeen clips ?perfect clips? presented by hide MUSEUM
seventeen clips ?perfect clips? presented by hide MUSEUM
hide

関連商品
UGLY PINK MACHINE file2
hIS INVINCIBLE dELUGE eVIDENCD
UGLY PINK MACHINE file1
FILM THE PSYCHOMMUNITY REEL.1
"ALIVEST?perfect stage〈1,000,000 cuts hide! hide! h"
by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第21位(1/23現在)

安全地帯「じれったい」

チャゲ&飛鳥「指環が泣いた」に続くオカマバークラシックその2。ちなみに店主はそっちの気は全くありませんので、念のため。しかし、この曲ってよくよく聴いてみると日本語ファンクの大傑作じゃないですかね。タメを強調したアレンジが、あの頃の殿下を意識したものであることは誰の耳にも明らか。硬質なのに艶のあるグルーヴがたまりません。
(1987年作品)

作詞/松井五郎
作曲/玉置浩二
編曲/星勝、安全地帯

>>ファンページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

コンプリートベスト
コンプリートベスト
安全地帯

関連商品
安全地帯VI LIVE 月に濡れたふたり
いつもどこかで
今日というこの日を生きていこう(初回生産限定盤)
ゴールデン☆ベスト 玉置浩二 アーリータイムズ・プラス
Goro Matsui&Koji Tamaki Ballad Collection Only You
by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第18位(1/22現在)

クローバー「マジスキMAGIC」

人気声優4人(井ノ上奈々・宮崎羽衣・庄子裕衣・斎藤桃子)によるユニットのセカンドシングル。このブログでもたびたび書いてきたが、J-POPのメインストリームに満足できないという人は、毛嫌いせずに一度こっち方面を試してみるのもいいかも。コンセプト的にも音楽的にも、よっぽど思い切りのいい作品に数多く出会えるわけだし。ちなみに、クローバーは今週末(1/27)、河辺千恵子、桃井はるこ、時東ぁみとともにA系四天王JAM「第一回・歌姫A-1グランプリズム!」というイヴェントに出演するそうです。素人目にも、この4組の組み合わせで本当にいいのかという疑問がわくが(笑)、まぁそれはそれとして、今後要注目のユニットであることは確かなようで。
(2006年2月22日発売)

作詞/畑亜貴
作曲/菊谷知樹
編曲/橋本由香利

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

TVアニメ『マジカノ』エンディング主題歌「マジスキMAGIC」
TVアニメ『マジカノ』エンディング主題歌「マジスキMAGIC」
クローバー

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第18位(1/22現在)

丸山繁雄『ア・ヤング・ファーザーズ・ソング』

下のEP-4の記事でも名前を挙げさせていただいた音楽ライター若杉実氏が監修を手がける「渋谷ジャズ維新」シリーズの最新作(の1枚)。ジャズ・ヴォーカリスト、丸山繁雄が'81年に発表した1stリーダー作の初CD化なんだそうです。店主はこれまで彼の作品をまったく聴いたことがないのですが、和製“スキンドゥ・レ・レ”発掘!という惹句には、さすがに反応してしまいました(笑)。詳細については、リイシュー元であるSOLID RECORDSの作品紹介ページを参照してください。ってか、いま日本で最も信頼できる音楽ライターでありCDの監修者であり、そして凄腕のDJでもある若杉氏のお墨付きなら、まず間違いないと思って間違いないですよ。いつか、氏がコンパイルした歌謡曲のCDというのも聴いてみたいっす。
(2006年1月21日発売)

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

ア・ヤング・ファーザーズ・ソング
ア・ヤング・ファーザーズ・ソング
丸山繁雄

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第24位(1/21現在)

EP-4のこと

昔話でスマソ。2週間ほど前にFILMSの記事を書いてから、先祖帰りというかなんというか、80年代のレコードをけっこう聴き返している。だがしかし、なんてこったい!一番聴きたいEP-4の音源がどこを探しても見つからない。EP-4は80年代に「存在自体が事件」とまで言われた京都のファンク/オルタナ系ユニット。ネットのファンページなどでFPMこと田中知之が一時在籍していたという話を読んだことがあるが、真偽のほどは不明(どなたかご存じの方いらしたら情報よろしく)。たしか'82年だったと思うが、店主は渋谷のラママでEP-4のライヴを一度だけ見たことがある。その時対バンで出ていたのはゲルニカ。あれは、いま思い出してもすごい夜だった。ちょっと自慢。過去に所有していたEP-4の音源は、'83年にペヨトル工房からカセットブックで発売されたライヴ音源『制服、肉体、複製』。『アガルタ』の頃のマイルス・デイヴィス・グループ、あるいはザ・ポップ・グループにも匹敵するインプロヴィゼーション・ファンクの嵐!!洪水!!!大津波!!!!と書けば、なんとなく演奏の雰囲気が伝わるかな(オイ!w)。ちなみに現在、EP-4の曲は下の3枚のコンピCDで聴くことができます。週末、部屋じゅうの荷物ひっくり返してカセットが出てこなかったら、これはもうCD買うしかないな。

(1) V.A.『SHIBUYA JAZZ CLASH!』
(2) V.A.『PRIVATE LESSSON IN CONTROL コロムビア編』
(3) V.A.『ALT.ELECTRO 80'JP』

なお(1)の選曲者は若杉実氏で(2)はECD氏。お二人ともさすがです。

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第26位(1/20現在)

チャゲ&飛鳥「指環が泣いた」

80年代中頃のチャゲアスの曲には、ゲイバーやオカマバーで受けそうなものが多い。彼らが支持する曲にハズレなし。もちろんこれも名曲。
(1986年作品)

作詞・作曲/飛鳥涼
編曲/佐藤準

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

SUPER BEST II
SUPER BEST II
CHAGE&ASKA

関連商品
SCENE of SCENE~selected 6 songs from SCENE I,II,III~(初回限定盤)
B’z The Best“Pleasure”
SCENEIII(初回限定盤DVD付き)
ベスト・クラシック100
by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第23位(1/20現在)

HALCALI「Twinkle Star」

どうやらプロデューサーにはOTF(RIP SLYMEのDJ FUMIYAとRYO-Z)が返り咲くらしい。やっぱりね、ラップ控えめのHALCALIなんてHALCALIじゃないよ!とか言って、歌ものだったらガッカリですけど(苦笑)。
(2006年2月22日発売)

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

Twinkle Star
Twinkle Star
HALCALI

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第25位(1/19現在)

ジャンキーズ「マージャン★サンバ」

これ、昨年12月のリリースなんですが、まったく知りませんでした。リードヴォーカルは我修院達也。試聴できるサイトが見つからないのが残念。四の五の言わず買っとけ!ってことですかね。
(2005年作品)

作詞/小島武夫
作曲/城賀イサム
編曲/竜崎孝路

>>公式ページ(我修院達也)
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

マージャン★サンバ
マージャン★サンバ
ジャンキーズ 小島武夫 竜崎孝路

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第24位(1/18現在)

ハロコン名古屋参戦中止

今週土曜に予定していたハロコン名古屋、都合により参戦を取りやめました。残念は残念なんだけど、春にはBerryz工房の単独コンもあるし、ま、いいかなと。そっちにモード切り替えて、せっせと遠征費用稼ぎに精を出すとしましょう。

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第24位(1/17現在)

今週の週プレは新垣結衣!!

wpb

今日(1/17)発売の週刊プレイボーイ(1/31号)の表紙&巻頭グラビアは新垣結衣!!水着あり!!これは買わねば。ガッキーは集英社ウェブマガジンWPB-netにも登場。こちらでもバッチリ水着姿が拝めますぜ。

>>公式ページ

新垣結衣 2006年度 カレンダー
新垣結衣 2006年度 カレンダー

関連商品
榮倉奈々 2006年度 カレンダー
黒川芽以 2006年度 カレンダー
Sh15uya シブヤフィフティーン VOL.4
Sh15uya-シブヤフィフティーン-VOL.3
石田未来 2006年度 カレンダー
by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第26位(1/17現在)

広瀬香美「ストロボ」

90年代を推すぞ推すぞと言いながら、なかなか気分が盛り上がらない。だがしかし、広瀬香美のことは、昔も今も心から偉大なポップ職人だと思ってます。この曲も、彼女一流の泣きのメロディーにクラブミュージックのアッパー感がうまい具合にブレンドされてて、ほんとよくできてるよなぁ。
(1998年作品)

作詞・作曲/広瀬香美
編曲/本間昭光

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

Music D.
Music D.
広瀬香美 井上ヨシマサ 野崎貴朗

関連商品
GOOD LUCK!
welcome-muzik
Harvest
LOVE TOGETHER
SUCCESS STORY
by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第26位(1/17現在)

ブレッド&バター「DO・DA・DAY」

ブレバタというと、どうしても70年代のコロムビア時代から80年代初頭のアルファ時代の印象が強いが、個人的には80年代中後期のファンハウス時代にも捨てがたい作品が多い。この曲は、タイトなトラックに岩沢兄弟のハーモニーが絶妙にハマったアーバンメロウの傑作。80年代のソウル好きなら、まず間違いなくイントロで秒殺されます。
(1986年作品)

作詞/田口俊
作曲/岩沢二弓
編曲/伊藤心太郎

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

ミラクル・タッチ
ミラクル・タッチ
ブレッド&バター

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第26位(1/16現在)

森田童子『マザー・スカイ』

森田

地元のリサイクルショップでアナログ(ポリドール)盤が100円で売られてたので思わず購入。正式なアルバムタイトルは『マザー・スカイ きみは悲しみの青い空をひとりで飛べるか』。名曲「ぼくたちの失敗」をはじめ、アルバム全体を貫く救いのない敗北感がたまらない。アシッド・フォークというよりチルアウト演(怨)歌てな趣き。
(1976年作品)

>>ファンページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

マザー・スカイ
マザー・スカイ
森田童子

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第21位(1/15現在)

Berryz記念日

0114

Berryz工房結成の記者発表(写真)が行われたのが2004年の1月14日。つまり本日、Berryz工房はめでたく結成2周年を迎えました?♪パチパチパチ。今週OAされた「Berryz工房 起立!礼!着席!」の中でキャプテン清水佐紀ちゃんも言ってたけど、1月14日は全国的にBerryz記念日!もうすぐ幕が開くワンダフルハーツの大阪公演はめちゃめちゃ盛り上がりそうだね。

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

Berryz工房シングルVクリップス2
Berryz工房シングルVクリップス2
Berryz工房

関連商品
ハローキッズ VOL.2
ハローキッズ VOL.1
Berryz工房コンサートツアー2005秋 ~スイッチON!~
美勇伝ライブツアー2005秋 美勇伝説II~クレナイの季節~
シングルV「NAMIDA」
by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第20位(1/14現在)

感謝!!5万HIT

このブログの右下にこっそり設置されているカウンターが、本日めでたく5万HIT(PV)超えを達成しました。昨年7月31日の開設から約5ヶ月半。13日の金曜にキリ番達成ってのがうちらしいかも(苦笑)。今までこのブログを訪れてくれたすべての皆さんに激感謝!そして、これからもよろしくお願いしますm(__)m

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第21位(1/13現在)

細野晴臣「BODY SNATCHERS」

90年代のJ-RAP推しからさらにさかのぼって、今年は日本のOLD SCHOOL HIP HOPにも勝手に注目。まずは基本のおさらいということで、このあたりの年代の音源からぼちぼち聴き直してます。ドラムはTR-808よりPCMリズムマシーンが気分。
(1984年作品)
※店主注:この曲のオリジナルは日本語詞で歌われていますが、リンクを貼った2001年版以前に再発されたCDには英語詞のヴァージョンが収録されているようです。

作詞・作曲・編曲/細野晴臣

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

S-F-X
S-F-X
細野晴臣

関連商品
MAKING OF NONSTANDARD MUSIC
FRIEND or FOE?
フィルハーモニー
コインシデンタル・ミュージック
ナーガ
by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第19位(1/12現在)

Perfume「コンピューターシティ」

全編ロボットヴォイスで歌われるちょっぴり切ないフィルターハウス。普段あまりJ-POPを耳にしない人が聴いたら「最近のアイドルポップスってけっこう凄いんだ」とか思うかもしれないけど、それは間違い。こんなことやってるアイドルはPerfumeだけ!彼女たちだけが突出してるんです。高速テクノ?ハピコア風のc/w「Perfume」もスバラシス。つーか、Perfumeが浜松(浜名湖)に来るって何だこれ!!(下の公式ページ参照)
(2006年1月11日発売)

作詞・作曲・編曲/中田ヤスタカ

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

B000C1YWFG
コンピューターシティ
Perfume

by G-Tools

別バナー
↑↑↑話題の音楽系ブログはここでチェック!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
ただいま音楽(J-POP)部門第18位(1/11現在)

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。