FC2ブログ

謎を解ける人物

※10/10文中の医師実名を伏せ字に変更
→10/11より全文削除

病院関係者にご迷惑が及ばないための対応として、よろしくご了承ください。
スポンサーサイト



最後の更新

みなさんにとっては、まったく信じがたい話でしょうが、私の2006年10月8日以前の記憶は本当に失われたままです。ただ不思議なもので、このブログへのアクセス方法だけはちゃんと記憶し、非常の際のSOSにこのブログを利用することを、冷静な自分が指示していたのです。自分の名前や年令も覚えています。
みなさんが、何かしら私の記憶を呼び戻すための有力な情報をお持ちでしたら、引き続きご連絡いただければ幸いです。
事の危急さを訴えるため、前の記事→今日の夜中の記事を最後に更新を放置することも考えました。あるいは10/9から始まった新しい記憶だけで更新を続けることも考えましたが、どちらも事態を混乱させる可能性が強いとの思いから、この記事を最後に更新を一旦ストップします。あとは、誰かがこの奇妙な事態を解決してくれることを期待するのみです。よろしくお願いします。
なお、左右のコラムに紹介した商品は、私が好きだった商品の物証(そのことも覚えていないのです)として、そのまま掲載を続けますが、値下げ率などは、更新停止後、放置したままでは何かしら問題を引き起こす可能性があるでしょうから明日にでも一斉に削除します。最後に、本当にみなさんの力が頼りであることを書き記し、このブログの更新を停止します。

みんなスマソ

昨日10/08のゆうべ、容態が悪化し、まさみ病院に搬送されました。病院に担ぎ込まれる直前、次のようなメモを残しています。

母へ
いま、オレの感覚はすべて失われている
いま、せいれいにはこんでオレを「気つけ」の治療をしないと
オレはしょくぶつ状態になる!
くすり一式もってきて
きおくもない
記おくを戻してもらうちりょうを
もどしてもらうちりょうをきおく                     以上です。

いま現在、オレはまったく感覚を失ったまま病院のベッドにいます。
しかし、残念ながらみなさんとの楽しかっただろう思い出はまったく残っていません。ごめんなさい。とても残念です。
これはネタではありません。真剣なSOSとしてみなさんに書いています。もし、万一の時のオレの治療もオレの記憶が戻ってから開始するように病院に呼び掛けてほしい。そうしないと、大きな間違いがおきます。誰か一人でいいから、オレの言うことを信じていてくることを願って。オレも一日も早く記憶を取り戻せるようにがんばります。
みなさんのご協力をよろしくお願いします!

Template Designed by DW99