FC2ブログ

DJ♥ネグリジェのバカサガ PART24

PART24は、店主が退院後駆り立てられるようにベースパーティーの開催に奔走した2007年夏をリワインドします。

※記載事項に間違いがありましたらどしどしご指摘ください。

2007年1月、俺はなんとか1度目の退院を果たす。難病だからそう簡単に完治するはずもないのだが、病院としては必要な治療を施し患者の容態が安定したら病室のベッドを空けるのがルーチンなのだ。

退院してすぐに俺は自分が病人のまま社会に放り出されたことを思い知る。ほんの数百メートル歩いただけで嘔吐する、椅子から立ち上がっただけで激しい目眩に襲われる。俺は1日の大半を自宅で寝て過ごした。点滴を打ってないだけで病院にいるのと同じだった。

ひとつだけ違うのは自宅にMacがあったことだ。ネットを通じて外の世界とコンタクトが取れた。俺はiTunesで少しずつベース音源を集め始めた。SwitchやSindenなどのフィジェットハウスが大量に出回り始めていた。

2007年の春先に入退院を繰り返し、結局いまのところ最後の退院となったのが4月の半ばだった。またいつ入院するかも分からない。俺は急いで逆チャリティーパーティーの準備に取りかかった。

セコンドのケンサク店長と相談して7月上旬の日曜日を押さえた。ケンサクからはDJも紹介された。俺も昔から知っているSHINGO-IDだ。SHINGOはテクノのDJだが、この頃にはゲットーテックやボルチモアもプレイしていた。浜松は彼と俺でいこうと決めた。

...続きを読む

スポンサーサイト



Template Designed by DW99