スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガールズ「チェリー・ボンブ」

レイジーに続き70年代の歌謡ロックダンス連投です。もっとも、こちらはLA出身のガールズバンドTHE RUNAWAYS(ランナウェイズ)の大ヒット曲「CHERRY BOMB」の日本語カヴァーで、純粋な歌謡ロックとは言えないんだけどね。
ガールズは日本のガールズバンドの草分け的存在で、後にジューシィ・フルーツでブレイクを果たすイリアこと奥野敦子、ピンナップスやゲートボールに参加するリタこと野元貴子が在籍したバンドとしても有名ですね。レコード会社は、それこそ和製ランナウェイズとして彼女たちを売り出しにかかったんだけど、途中から路線を変更してブロンディをカヴァーしてみたり、しまいにはディスコサウンドにまで手を出したりと迷走を続けたあげく、あっけなく解散しちゃったみたいですね。
で、この「チェリー・ボンブ」は、デビューシングル「野良猫」(この曲で『夜のヒットスタジオ』に出演した時の映像はコチラ)のB面に収録されていた曲。彼女たちの1stアルバム『野良猫』には、この曲の英語ヴァージョンも収録されてますが、やっぱこれは日本語ヴァージョンで聴いてほしい。「ヒステリー教師はオールドミス 教科書なんかはドブん中」だの「ふやけた恋の囁きは あたしの耳にはお題目」だの、これでもかと言わんばかりに抱腹絶倒の歌詞が満載です。中でも店主の一番のお気に入りは、三番の「Hey hey どこいく神父さま あたしは可愛い吸血鬼」という部分。もちろん、原曲のどこを探してもそんな意味の歌詞は見つかりません(笑)。そう言えば、こんな風にでたらめな日本語詞を載っけた外国曲のカヴァーって最近あんまり聴かなくなったよねぇ。さびすぃ…。
(1977年作品)

作詞・作曲/J.Jett,K.Fowley
日本語詞/鳴海昌明

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

GIRLS ON THE ROCK ~乙女のロック伝説~
GIRLS ON THE ROCK ~乙女のロック伝説~
オムニバス

関連商品
ザ・グレイテスト・ゴーバンズ
THE ROOSTERS(紙)
by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1017-8975a486

コメント

vishaさん
コメントありがとうございます。9月にはファーストアルバムが復刻されますし、これを機にガールズ再評価の機運がさらに高まるといいですね。
はじめまして
ガールズで検索して辿り着きました。

近年やっと再評価されるようになりましたが
当時からのファンとしては嬉しい限りです。
びっきいさん
タイトルはそのまま「アローン・アゲイン」でいいのに、わざわざ直訳して「また一人」って…(笑)。なかにし先生は、時々ぶっとんだお仕事なされてますよね。
九重佑三子が
『アローン・アゲイン』をカバーした
『また一人』も訳詞がなかなか笑えます。
なかにし礼は好き放題にやってくれますね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。