スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V.A.『AKSB?これがアキシブ系だ!?』

秋葉系+渋谷系でアキシブ系なんだそうです。その定義は、かつての渋谷系にカテゴライズされてもおかしくないほどオシャレなサウンドプロダクションが施されたアニソンのことなんだとか。このコンピを制作したJVCエンタテインメントの福田正夫プロデューサーは、アニソン専門誌『アニソンマガジン』の取材に触発されて今回の企画を思い立ったとのこと。気になる収録曲は次の通りです。

01. Dimitori From Paris「Neko Mimi Mode」(『月詠』OP曲)
02. Round Table feat. Nino「Let Me Be With You」(「ちょびっツ』OP曲)」
03. 山野裕子「ビーグル」(『ココロ図書館』主題歌)produced by 宮川弾
04. 小川範子「波のトリコになるように」(『月詠』挿入歌)produced by 菊地成孔
05. 豊口めぐみ「人間だから」(『ちょびっツ』イメージソング)produced by 冨田恵一
06. 高浪敬太郎&Yama-K「かたことの恋」(『ちょびっツ』挿入歌)」
07. 鈴木さえ子 with TOMISIRO「Dear Friend」(『ケロロ軍曹』挿入歌)」
08. 桑島法子「la la maladie du sommeil」(『ラーゼフォン』挿入歌)produced by 橋本一子
09. 田中理恵「瞳のトンネル」(『ちょびっツ』イメージソング)produced by 桜井鉄太郎
10. RICKY CHACK「リトルグッバイ」(『ゼーガペイン』ED曲)produced by 保刈久明
11. パール兄弟「明日はたぶん大丈夫」(『N・H・Kにようこそ!』挿入歌)
12. OKINO, SHUNTARO「Cloud Age Symphony」(「ラストエグザイル」OP曲)
13. 牧野由依「CESTREE」(『ゼーガペイン』挿入歌)produced by かの香織
14. marianne Amplifier feat. yuka「Pressentiment triste」(『月詠』ED曲)produced by 橋本由香利
15. タイトル未定 remixed by 小西康陽(予定)


アキシブ系というネーミング自体はかなり無理矢理な気もしますが、菊地成孔や冨田恵一をはじめとするビッグネームたちが手がけた楽曲には、やっぱり興味がわいてしまいます。店主同様、普段なかなかアニソンに手が出せないというリスナーにとっては(邪道なんだろうけど)入門盤として最適な1枚かもしれないですね。
(2007年9月21日発売)

AKSB~これがアキシブ系だ!~
AKSB~これがアキシブ系だ!~
オムニバス

by G-Tools
アニソンマガジンVol.1 (洋泉社MOOK)
アニソンマガジンVol.1 (洋泉社MOOK)

関連商品
アニソンマガジンVol.2 (洋泉社MOOK) (洋泉社MOOK)
アニソンマガジン Vol.3 (2008) (3) (洋泉社MOOK) (洋泉社MOOK)
アニソンマガジン Vol.4 (2008) (4) (洋泉社MOOK) (洋泉社MOOK)
アニソンマガジン Vol.5 (2008) (5) (洋泉社MOOK) (洋泉社MOOK)
アニカンR05 2007春 中川翔子 アリプロ 田村ゆかり 黒薔薇保存会 ハヤテのごとく 地球へ[雑誌]
by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1072-9dffb14f

コメント

びっきいさん
中川翔子のアニソンカヴァー集あたりから、店主のようなアニソン音痴もそちら方面を無視できなくなったって感じでしょうか。ただ、こんな邪道ばかりを歩んでいると、なかなかアニソンの王道にはたどり着けないですけど…汗。
アキシブ系ねえ…
ネーミングは最悪ですな。
オリコン上位にアニソンが入ってると、
なんとなく気持ち悪いけど、
もはやそんな時代じゃないんですね。
こうした豪華な作家陣を見てますと。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。