スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角松敏生「初恋」


PVの方はアレですが(笑)、曲はいつ聴いても最高。イントロのリチャード・ティーのピアノだけでご飯三杯はいけます。ちなみに、このPVで聴ける「初恋」は12インチヴァージョン。最近ではDJ Crystalが『JAPANESE CLUB GROOVE DISC GUIDE』の中でこの曲を取り上げていましたが、とりあえず和モノDJなら定番として押さえておきたい1曲でしょうか。アナログの12インチもヤフオクなんかではよく見かけるし、わりと手頃な値段で手に入れられるはずですよ。
(1985年作品)

作詞・作曲・編曲/角松敏生
コーラス編曲/吉田美奈子

>>公式ページ

T’s 12 INCHES
T’s 12 INCHES
角松敏生

関連商品
Touch And Go
GOLD DIGGER
T’s BALLAD
AFTER 5 CLASH
BEFORE THE DAYLIGHT
by G-Tools
JAPANESE CLUB GROOVE DISC GUIDE
JAPANESE CLUB GROOVE DISC GUIDE

関連商品
ディスクコレクション 和モノレア・グルーヴ―男気映画/TV&モア (ディスク・コレクション・シリーズ)
Flow~Kyoko Fukada Remixes~
100 MAGIC WORDS(CCCD)
超ハウス・ディスク・ガイド―GROOVE presents
GROOVE presents クラブ・ジャズ入門
by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1118-bce7c44e

コメント

ケン2ケン2ケンケン2さん
コメントありがとうございます。「TOKYO TOWER」「 GIRL IN THE BOX」どちらもディスコ/クラブ映えしそうな傑作ですよね。あと、ミディアムですが「SECRET LOVER」あたりもクラブでかけたらいい感じだと思います。とにかく80年代中期の角松作品には良曲が多いですよね。
お初にお立ち寄りさせていただきます 始めまして  熱烈なファンの方々にも立ち寄らせて頂き この「初恋」に関しては必ずといって良いほど語らせていただいてます  と申しますのも 80s代のディスコ放浪期の事です  勿論洋楽メインですが 曲と曲のつなぎ時の間奏にイントロピアノがスゥ~とフェードインしてきたと思ったらこの「初恋」ですわ
  ライブ時の箱以外で聴く 大音響での臨場感 たまりませんでしたわ
またこの85は阪神タイガース優勝の年でもありましたから 想いいれがすごいんです   まぁディスコではこの「初恋」をきっかけに訪問する度に「東京タワーかけてぇ~ 箱入り娘かけてぇ~」と癖になりましてね
まぁいつ聴いても新鮮です。
びっきいさん
三文芝居!(笑)セルフプロデュースにこだわる角松氏のこと、このPVの演出も自ら手がけたのでしょうか。もし、そうなら残念ながら映像のセンスはゼロかもしれませんね(爆)。しかし、何度も言いますが曲は最高!
これは
ひどい三文芝居ですね(笑)。
角松氏はTPD解散後の米光のソロ作品を
プロデュースしてましたが、
いい曲もそこそこありましたよ。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。