スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥田圭子『クレッシェンド・アンド・シングルズ』


80年代中頃に活躍したアイドル→奥田圭子(現・佳子)のファーストアルバム『cresc.(クレッシェンド)』(1985年)が復刻されます。めでたい!なにがめでたいかって、このアルバムには彼女のサードシングルで、BOØWY(当時)の氷室京介布袋寅泰がそれぞれ作曲と編曲を手がけた「プラスティック」(動画↑参照)が収録されてるんです(作詞は秋元康)。アイドル仕事に限らず、氷室さんが他人に提供した楽曲ってあんま多くないんで、今回の復刻盤はBOØWYファン、80年代アイドルファンならずとも要チェックかと。ちなみに、某中古盤屋では『cresc.』のオリジナル盤に2万円以上の値段が付いてました…(汗)。
(2008年3月19日発売)

>>公式ページ

クレッシェンド・アンド・シングルズ
クレッシェンド・アンド・シングルズ
奥田圭子

関連商品
シングル・コレクション ~スウィート・エンジェル
MAKO PACK-Premium- 30th Anniversary Special Edition
by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1248-89ea43cd

コメント

コメントレス
>びっきいさん
曲調がまんまBOØWYですよね。なんでも奥田本人が当時BOØWYのファンだったらしいです。
>アタイさん
奥田圭子は歌手としての活動期間は短かったのですが、現在も芸能活動を続けながら化粧品の販売などでご活躍のようです。この時代のアイドルの歌唱力が、みんなチャコと同じレベルだったわけではありませんよ(笑)。
まったく知らないです。(現・)と付いているということは、今も活動されているんですね。
この世代のアイドルにしては、歌は結構いけますね☆
この曲
テクノっぽいイメージがあったんですが、
よく聴いたらごく普通のポップスですね。
奥田圭子が終始左右に揺れているのは、
やっぱりヒムロックを意識してるのかな?

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。