スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aiko「シアワセ」


店主の場合、王道J-POPでもミスチルやヒッキー、あるいはこのaikoといったヒットチャートの常連たちの曲については、こちらから積極的に聴くということはめったにしません。そんなことしなくても、向こうから勝手に耳に飛び込んできてくれますからね。で、その中から自分のアンテナにひっかかった曲だけを後でチェックすればいいんで、ラクっちゃラク。aikoの去年の紅白出場曲であるこの曲なんかは、そりゃもう初めて聴いた瞬間からビビッときたもんです。なにこれ!イントロから出だしのAメロあたりは、アル・クーパーの世紀の名曲「ジョリー」(試聴はコチラ)そのまんまじゃん!みたいな。なのに、曲のサビに差しかかる頃には、すっかりいつものaiko節になってる。う?ん、お見事。リスナーの中には「露骨にパクるくらいないら、いっそカヴァーすればいいのに」という意見もあるでしょうが、店主はそうは思いません。シンガーソングライターたるものパクってなんぼ。安易にカヴァーなんかに走った日にゃ、ただのシンガーに成り下がってしまうじゃないですか!プロならプロらしく、盗みのテクニックと美学を極めるべし。パクリ上等!
(2007年作品)

作詞・作曲/AIKO
編曲/島田昌典

>>公式ページ

シアワセ
シアワセ
aiko aiko 島田昌典

関連商品
星のない世界/横顔
二人
あした
aiko LOVE LIKE POP add. 10th Anniversary
秘密
by G-Tools
秘密
秘密
aiko

関連商品
二人
星のない世界/横顔
HEART STATION
+1 (DVD付)
I LOVED YESTERDAY(初回生産限定盤)(DVD付)
by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1375-50274dcf

コメント

コメントレス
>swingさん
最後の一行はswingさんの心のつぶやきでしょうか?店主が最初にaikoにビビッときたのは、けっこう遅くて「アンドロメダ」の時ですかね。あの曲もコード進行に魅了されたと言えば、たしかにそうかも。店主はswingさんのようにaikoのヘヴィーリスナーでないぶん、最近の曲でもまだ新鮮に聴けるのかも…ですね。
>びっきいさん
もしかして、aikoの師匠って、ヤマハでの先輩筋にあたり、彼女のメジャーデビュー曲をてがけたコモリタミノル先生なのかも。コモリタ先生もパクリに関しては独自の美学をお持ちでしもんね。

aikoの話ならコメントしなければ(笑)でも近田春夫の文章をまんま引用しますね。

aikoの作る音楽は、一般的な耳にも通用するむずかしい音楽なのである。ポップスとして我が国で通用するギリギリの縁を見極める耳と技量、そしてセンスを、彼女は持っているということだ。
この『カブトムシ』でそうしたことを窺い知ることが出来るのは、まずコード進行だろう。普通の人には思いつかないような妙な流れがコード進行にある。だけれども、その流れがちゃんと理に適っていて、決して破綻をきたさずに、実に際どく着地を見せる。丁度エッシャーの騙し絵のようなカラクリを持っているのであるが、相当に頭を使わないと、こういった和声と旋律の関係は作り得ない。
--- 中略 ---
何だかよく判らないが「カブトムシ」が日本のポップスのレベルを上げたことだけは間違いない。

でも最近の曲には、それほどの魅力は感じないのだけど。
aikoは
『カブトムシ』持ってますよ。
パクリのセンスって大切ですよね。
オリジナルを自分なりに消化して、
新たなオリジナルを生み出してこそ、
一流のアーティストと言えるのではないでしょうか?

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。