スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤波辰巳「マッチョ・ドラゴン」


これは、昨日、一昨日からの音痴つながりで語るには、あまりにも神曲すぎて反則な気がしないでもないです(汗)。藤波辰巳(現・辰爾)が当時入場テーマ曲に使用していたエディ・グラントの「Boys In The Street」を、よりによって本人が日本語でカヴァーしてしまった問題作。いわゆるコサキンソングとしても有名だそうで、プロレスファンでない人たちにもおなじみでしょうか。曲を聴いた人の中には、「もはや詩吟の域に達している」と評する声まであるそうだし、そう考えるとこれは音痴云々なんて通俗的なレベルではなく、ある種のスピリチュアル・ミュージック、あるいは急進的な前衛音楽の系譜で語るべき作品なのかもしれません。ちなみに、この曲のB面に収録された「ドラゴン体操」も、「マッチョ・ドラゴン」とはまた別の次元で文句の付けようのない作品に仕上がっているので、そちらもぜひチェックしてみてください。
(1985年作品)

日本語詞/森雪之丞
作曲/EDDY GRANT
編曲/若草恵

>>公式ページ(DRADITION)

格闘音楽大全プロレスQ第5回 プロレス紅白
格闘音楽大全プロレスQ第5回 プロレス紅白
ゲイスターズ・プラス・アルファ

by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1466-6039334a

コメント

アタイさん
コサキン、電グル、伊集院あたりは間違いなく紹介してそうな曲ですね。家族対抗歌合戦は音痴の方が欽ちゃんにいろいろつっこんでもらえておいしいですよね。
コサキンソングか。コサキンはいろいろ発掘していますものね(笑)
昔から知っているけど何で知っているのかよく覚えていませんでした。
電気グルーヴのラジオでも紹介されていた記憶があります。

何年か、もう10年くらい前かな?
家族対抗歌合戦に出て、まだ幼い娘さんと一緒に童謡を歌っていましたけど、
相変わらずでした。「マッチョドラゴン」がたまたま声に合わなかったとか、そういう問題ではないようです。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。