スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近田春夫『星くず兄弟の伝説』

うっかりチェックし忘れてましたが、本日(8/20)近田春夫&ビブラト?ンズのベスト盤『Vibra-Tones Fun』とともにめでたく復刻です。近田にとってソロ2作目にあたる本作は、ブライアン・デ・パルマ監督の『ファントム・オブ・パラダイス』(1974年)を下敷きにした架空のロック・ミュージカル映画のサントラ盤というコンセプトのもとに制作されたアルバムで、1985年には実際に近田本人が製作総指揮を執り、手塚眞監督によって映画化されています(動画↓参照)。

ややこしいですが、映画『星くず兄弟の伝説』のサントラ盤はまた別にあって、要するに映画の原案となったのが本作というわけ。あと、タイトルからも分かる通り、デヴィッド・ボウイの名盤『ジギー・スターダスト』(1972年)をモチーフにしてる部分がかなりあったり、でもジャケットはどういうわけか女性週刊誌のパロディだったりと、そういうやたら過剰なサーヴィス精神のおかげでかえって収拾がつかなくなってる情報を無理矢理まとめると、いかにも近田らしい毒気と洒落っ気たっぷりのなんちゃってロック・オペラが繰り広げられてそうなものですが、実際にはその逆でして…。いや、毒気はもちろんあるんだけど、このアルバムでは毒の矛先が外部(リスナーや音楽業界)だけでなく、自分自身にも向けられてる気がするわけで。おそらく、数ある近田関連作品の中でも最も内省的と言うか自虐的と言うか、もっと言っちゃえば、彼の中の鬱屈した思いや心の闇の部分が一気に噴出したのがこのアルバムではないでしょうか。特に3曲目の「若者達の心にしみる歌の数々」は、その辛辣な歌詞にかえって勇気づけられるネクラでオタクでモテない引きこもりのロック少年たちがいまだに後を絶たないんじゃないかと思えるくらい痛烈なアンチ若者な若者賛歌であり、アンチロックなロック賛歌。このへんのひねくれ具合や立ち位置のカッコよさはさすがです。ちなみに、本作には当時FILMSを率いていた才人→赤城忠治が作曲と演奏に大々的にフィーチャーされていて、そのあたりも好き者には大きな聴きどころのひとつ。てか、赤城が楽曲制作で関わった作品では、つるたろー(片岡鶴太郎)の『キスヲ、モット キスヲ…』(1982年)もテクノ/ニューウェイヴ歌謡の名盤なので、こちらも再発希望!
(1980年作品)

星くず兄弟の伝説
星くず兄弟の伝説
近田春夫

関連商品
Vibra-Tones Fun
by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1468-e61e6390

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。