スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安生洋二「君は人のために死ねるか」

プロレスラーの安生洋二が、UWFインターナショナル在籍時に高山善廣、山本健一(現・喧一)と結成していたゴールデン・カップス名義でリリースしたアルバム『OHTACO』に収録。もちろん杉様あの曲のカヴァーです。よりによってこの曲に挑むなんて、それこそ神をも畏れぬ所業という気がしますが、やってるのがあの道場破りのMr.200%だと分かった途端、ほとんどの人が見て見ぬふりをしてくれそう。つくづく得なキャラクターですね。さて、肝心の曲の出来映えはと言うと、これが悪くはないけど笑えるほどでもないという微妙な完成度。うまいのか音痴なのか、ものまねなのかそうじゃないのか、どっちつかずの歌唱力と唱法がここでは完全に裏目に出てしまったみたいで。もし、藤波辰巳やジャンボ鶴田がこの曲を歌ったら、間違いなく伝説になったんでしょうけどね。アルバムの中ではもう1曲、声優の富沢美智恵とのデュエットでシュープリームスの「恋はあせらず」をカヴァーしているのですが、こちらはもっと普通すぎて、逆に普通の(メジャーなレコード会社から発売された)CDとは思えない異空間ぽさ→まるで、そのへんの素人のカップルがカラオケでデュエットしたのをそのまま録音したような雰囲気を醸すことに成功しています。どっちかって言えば、そっちのがオススメですかね。ちなみに安生さんは、現在も人気のプロレス興業→ハッスルでアン・ジョー指令長官として活躍する一方、エスパー伊東や春一番が在籍するタレント事務所アネットの社長でもあるそうで、やっぱりこの人、やり手なのか天然なのかよく分かんないです。
(1996年作品)

作詞/杉良太郎
作曲/遠藤実
編曲/MOTO MUSIC

OHTAKO
OHTACO
BASSIC COMMITTEE E-Cup’s 篠田元一

by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1485-213e5079

コメント

アタイさん
安生版「君は人のために死ねるか」を聴くと、杉様の歌心がいかに超人的であるかを改めて思い知らされます(笑)。あれこそまさに神曲ですね。
色々凄過ぎて言葉が出ません・・・・でも、聴いてみたいと私の中の好奇心がドコドコ和太鼓を叩いてアピールしています。
霜鳥さん
もしかして霜鳥名では初のコメントでは(笑)。もし宮戸のCDがあったら確かにスゴいですが、たぶん買わないです(笑)。富沢さんの歌は…正直すまんのレベルです(汗)。CDには、安生のお子さんがセーラームーンのファンだったつながりで参加したそうです。てか、霜鳥さんが引き合いに出す声優さんは、毎回いちいち意表をつきすぎです(笑)。田中さんの歌は聴いた記憶がないのですが、藤田さんは「どろろの歌」とか歌ってたんですね。声色の使い分けも含めて、さすが大御所って感じです。
はあ~っ!
全てがヤバイですね。杉様のあの名曲を安生が…マニアックなところで宮戸がやったら凄いと思いましたが(笑)
富沢さんの歌は聞いた事ないですが、声優さんって歌の上手い人と下手な人の差が極端です。

個人的には田中真弓さん、藤田淑子さんなんかはかなり上手いと思います。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。