スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅香唯「ルカ」


当時まだサザンオールスターズのメンバーだった大森隆志をプロデューサーに迎えたアルバム『STAY』に収録された日本語とんでもカヴァーの逸品。原曲はもちろんスザンヌ・ヴェガの代表曲「Luka」(1987年)。児童虐待をテーマにした歌詞の内容が物議を醸した作品ですね。浅香版の歌詞では、その重いテーマがやんわりオブラートに包まれちゃってて、そこんとこは残念な気がします。ただ、トップの映像とかを見ると、実はこの頃、彼女自身が相当ヘヴィな状況に置かれてたんじゃないか…と思わせるダウナーな空気が、こちらはオブラートなしでダイレクトに伝わってきます。かわいそうなのはルカくんじゃなくてアタシだよ!みたいな(汗)。ちなみに、浅香唯が突然の休業宣言などを経て、暗黒の川崎亜紀時代に突入するのはこの2年後。大森隆志にいたっては…。まぁ、それとこれとはあんま関係ないか。ともあれ、この曲が原曲とはまた違う意味で問題作だったことは確かなようで。
(1992年作品)

作詞・作曲/SUZANNE VEGA
日本語詞/川田多摩喜
編曲/大森隆志

>>公式ページ

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1488-0b970742

コメント

びっきいさん
ウィキによると『Tom's diner』は世界で最初にMP3フォーマットになった曲と書かれていたのですが、それっていつの話なんですかね?もし、発売当時のことなら、MP3ってそんなに昔からあったんですね。あと、同じくウィキでスザンヌ・ヴェガと大森氏に意外な接点があったことを初めて知りました…(汗)。
へ~
これは知らなかった。
カバーとしては平凡な出来だけど、
いろいろといわく付きなんですね。
スザンヌ・ベガはよく聴いてましたが、
『トムズ・ダイナー』が好きでした。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。