スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塚原哲平「男の金字塔」


ある意味、平成の「シンボルロック」(梅宮辰夫)と呼べなくもない下ネタ演歌の快作。あるいは、違う意味で男のひとりだちを熱烈に応援する♂オナニスト賛歌と書いた方が正確でしょうか。塚原哲平は宮路オサムの付き人を経て、師匠自ら筆下ろし…もとい、カキ下ろし…じゃなくて、書き下ろしたこの曲で9月24日にデビューしたばかりの新人さん。もうすぐ32才になるにしては、ずいぶん初々しいルックスと歌声の持ち主ですが、できればこの路線を極めて、オサム師匠とはひと味違うエロの領域を切り開いていただきたいものです。
(2008年作品)

作詞/坂口照幸
作曲/宮路オサム
編曲/牧野三朗

>>公式ブログ

男の金字塔
男の金字塔
塚原哲平 坂口照幸 みやの舞

by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1542-a2c281fc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。