スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日暮し「い・に・し・え」


「サンセット・メモリー」(1981年)のヒットで知られる杉村尚美(当時・榊原尚美)が在籍したフォークグループの代表曲。毎年、秋が深まるいま時分の季節になると、必ず一度は聴きたくなる曲のひとつです。この曲がヒットした当時は、榊原の独特なヴィブラート唱法とソリーナ(70年代に開発され、世界的にヒットしたストリングス・アンサンブル(キーボード)の代名詞的名機)の印象的な音色に耳を奪われたものですが、いま改めて聴くと、村上秀一(ドラム)、小原礼(ベース)、大村憲司(ギター)といった名うてのミュージシャンたちによるやたらタイトで分厚いバックの演奏に、軽くビビリ&チビリそうになります。ちなみに、この曲でソリーナを弾いているのは榊原ではなく渋井博。日暮しと言えば、個人的に榊原のソリーナ弾き語りというイメージが強かったので、これにも軽くビックリしました。もひとつちなみに、日暮しのリーダーである武田清一は、RCサクセションの前身バンド→ザ・リメインダーズ・オブ・ザ・クローバーのメンバーだったそうです。この曲のアレンジとプロデュースを、RCサクセション『シングルマン』(1976年)をプロデュースした星勝(元ザ・モップス)が手がけているのは、もしかしてその流れなのでしょうか。
(1978年作品)

作詞・作曲/武田清一
編曲/星勝

俺たちのフォーク
俺たちのフォーク
オムニバス

関連商品
俺たちのフォーク! ~フォーエバー~
俺たちのフォーク! あゝ青春慕情
ゴールデン・ベスト
Best Dreamin’
俺たちのフォーク! 旅情篇
by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1555-2c15c872

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。