スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てつ100%「TOKYO TACO BLUES」


菅野よう子が在籍したことで知られるバンド→てつ100%(てつワンハンドゥレットパーセンテージ)のデビュー曲。ちなみに、彼らはこの曲で第30回(1985年10月)のポプコン本戦会出場を果たし、優秀曲賞を受賞しているのですが、もしそれがデビューのキッカケだとしたら、菅野さんも広い意味ではポプコン出身者ってことになるんですかね。そんなもん世間的にはとっくに常識かもしれませんが、個人的にはちょい意外。それはともかく、この曲は1986年にアナログの7インチ(EP)でリリースされたきり、1989年にバンドが解散するまでに発表された4枚のアルバムにも収録されず、いまだCD化されていません。当時でもじゅうぶん痛かったであろう歌詞はともかく、アレンジはその後の菅野作品の研究に役立ちそうな気がするんで、もしインストヴァージョンが存在するなら、そちらだけでもCD化してほしいです(オイッ)。なお、このバンドのリーダーでヴォーカルの杉原徹は、SBSラジオ『GO!GO!ワイド Wテツのらぶらじ』のパーソナリティとして、静岡県民にはすっかりおなじみでしょうか。あいにく店主は一度も番組を聴いたことがないのですが、そのお顔にはなんとなく見覚えが。菅野さんのかつてのボスが近所でちょくちょく公開録音やライヴをやってるなんて、ちょっと誰かに自慢したい気もしますが、さて誰に自慢したらいいんでしょう。
(1986年作品)

作詞/杉原徹
作曲/金子利昭
編曲/てつ100%

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1671-a7653fc8

コメント

matildaさん
80年代のファッションに関しては禿同です。ついでに、当時の髪型もいま見るとかなり痛いです。あっ、禿とか髪とかって漢字は、このバンド(てかリーダー)の前では使用厳禁ですか…(汗)。若き日の菅野さんは、まだ女子大生っぽさが抜けない感じで初々しいなぁと。
これはこれは。
バンド名は知っていましたが、こんな系統とは。1986オメガドライブ
みたいなものかな(そう1000%と100%)と考えてましたが、意外です。
菅野様は、これより10年後の方が美しいのかな。80年代のファッション
はどう見直しても悲しいです。テツ殿、いいスキャットしてるとは思い
ますが、残念私もインストだけ欲しいです(爆)。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。