スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代祐三「Jungle Base 」


日本のオタク文化好きとして知られるイギリスの歌手→MIKAは、世界で一番好きなアレンジャー/プロデューサーとして菅野よう子の名前をあげていたそうですが、その話を聞いて思い出したのが、フレンチエレクトロシーンの貴公子→SurkinがiTunes Storeのセレブリティ・プレイリストでフェイヴァリットにあげていたゲーム音楽家の古代祐三(こしろゆうぞう)。ゲーム好きの間では知らない人がいないほど偉大な作曲家について、そっち方面にはまるで疎い店主が書くのは畏れ多い気もしますが、とりあえずiTSにアップされていた曲を試聴した中で特に耳に残ったのがこれ。1993年に発売されたゲーム『ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌』で使われた曲だそうですが、うねるベースラインがたまりません。チープな音色を逆手にとって、オールドスクールなエレクトロとかに混ぜれば、クラブプレイも可能でしょうか。Surkinもとっくにプレイしてるかも。ちなみに、これはまぁ、たまたまなんですが、古代祐三の音楽の師匠は、今日→2月27日(金)の『笑っていいとも!』テレフォンショッキングに出演した久石譲だそうです。明日職場で使いたくても、土曜は休みで使えない豆知識(オイッ)。てか、Wikipediaからの受け売りですけど(汗)。
(1993年作品)

作曲/古代祐三

>>公式ページ

古代祐三 BEST COLLECTION Vol.2
古代祐三 BEST COLLECTION Vol.2
古代祐三

関連商品
古代祐三 BEST COLLECTION Vol.1
EXTRA - OFFICIAL COMPILATION
湾岸ミッドナイト MAXIMUMTUNE3 オリジナル・サウンドトラック
HUDSON Premium Audio Collection
レジェンド 80’S「ザ・スキーム サウンドトラック」
by G-Tools

iTSでの試聴・購入はコチラ
古代祐三 - 古代祐三ベスト・セレクション Vol.7 : ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌 オリジナル・サウンドトラック - Jungle Base

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1675-3705ec2c

コメント

ブギーさん
おぉ!意外なところに(でもないか)ゲーマーが(笑)。しかし、メガドライブで聴くとまた音が違うってのも、なかなかディープな話ですね。
うわ!
懐かしい~!
メガドライブは独特の音をしてて凄く良くて、音楽をラジカセに録音とかしてましたよ。



コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。