ラーメン迷宮(ラビリンス)

そういう名前のラーメン屋さんがあるわけではなく、最近の曲がりくねったラーメン食べ歩きの備忘録です。500円以下の激安ラーメンは毎月の調査報告でレポするんで、それ以外の高級(当社比)ラーメンについてダラダラと。

丸源浜松住吉店(中区住吉)
隊長っ!この店の狙い目は、実は豚骨でした!
丸源浜松住吉店 こってりとんこつ(白醤) 661円→561円(クーポン利用)
丸源浜松住吉店こってりとんこつ(白醤)661円→561円
丸源浜松住吉店 こってりとんこつ(黒醤) 661円→161円(スタンプカード割引利用)
丸源浜松住吉店こってりとんこつ(黒醤)661円→161円
丸源浜松住吉店 こってりとんこつ(赤醤) 661円
丸源浜松住吉店こってりとんこつ(赤醤)661円
クーポンやスタンプカードを活用して、白・黒・赤の三色を制覇しました。どれもこってりしすぎず、豚骨特有の臭みも少ない、万人向けの味に仕上がってると思います。赤も見た目ほどは辛くない。麺が硬めで出てくるのもいいですね。
一方で、相変わらずハズレが多いのもこの店の特徴で、これなんかその典型かと。
丸源浜松住吉店 丸源肉そばつけ麺 924円
丸源肉そばつけ麺924円
一見、麺の量がデカ盛りっぽいですが、これが見事に上げ底で実際は1.5玉あるかないかってところでしょうか。つけ汁は温かい肉そばのスープに近い甘口で、あれはやっぱ玉ねぎの甘さなんですかねぇ。てか、味がどうとか言う前に値段が高すぎ。こんなバカ高いつけ麺見たことない。なんで頼んだんだ、ヲレ。

◎らーめん元亀(中区船越町)
現在の場所に移転してからは初めて暖簾をくぐりました。浜松のこってりラーメン好きの間では昔から知られた名店です。
らーめん元亀 しょうゆ 650円
らーめん元亀しょうゆ650円
麺は細縮れ麺、具はチャーシュー2枚、メンマ、海苔。豚骨醤油味のスープがやたら熱いし旨いしで、根強い人気を誇るのも納得の一杯でした。ただ、昼時とかにお店の前を通りかかるといつも激混みなんでね、ついついパスしちゃうという…。次回また運良く席が空いてたら、ほかの味にも挑戦してみます。

◎みやひろ支店(中区布橋)
こちらも言わずと知れた中華そばの名店ですが、たまたまなのか、先日店主が訪れた時はお父さんの姿が見えず、お母さんが一人で店を切り盛りしていた模様。
みやひろ支店 中華そば 600円
みやひろ支店中華そば3杯目
濃い口のスープはいつもながら絶品だったのですが、この時は麺の茹で加減がやや硬めで、もともと加水少なめの麺のボソボソ感が際立ってしまい、正直いまいちでした。これほどの名店でも日によって出来・不出来がある。ラーメン道は奥が深いっす。

来来亭浜松幸店(中区幸)
8月8日の誕生日にちなみ、この日は奮発して880円のセットメニューを頼んでみました。いやまぁ、値段は後から気づいたんですけど。
来来亭浜松幸店 チャーハン定食 880円
来来亭チャーハン定食1 来来亭チャーハン定食2
ラーメンとチャーハンが出てくるのにかなり時差があったので、こんな写真になりました(やんわり批判)。この日はラーメンを麺硬め、醤油濃いめ、背油多め、ネギ多めと、こちらも豪勢に注文してみたのですが、これはさすがにやりすぎでした。ひと言、しょっぱすぎ。次回からは欲張らず、醤油の量は普通か少なめにします。チャーハンは特に印象に残らなかったのですが、やっぱ味付けが濃かったような。

◎遠州麺屋めんてい(掛川市中央)
先日、掛川で行われたイヴェントの開演前に、CATCHY!ラーメン部長のヤマダリヲくんと一緒に突撃したお店。事前にネットで調べたら、どうやらこれがお店の看板メニューっぽいです。
遠州麺屋めんてい ゆず塩らーめん 700円
ゆず塩らーめん700円
麺は加水多めでやや縮れた中細麺、具はメンマ、チャーシューで、千切りの柚子が麺に混じってスープに浮いています。ほんのり柚子の香りがするとかではなく、完全に柚子味のラーメンでした。ネットではあっさり味と評されていたスープも個人的にはけっこうしょっぱく感じました。まぁ、駅前という場所柄、一杯飲んだ帰りに立ち寄るお客さんも多いんだろうし、お酒が入っていればこれでもあっさり味に感じられるのかも。あと、これも場所のせいでしょうが、量が少ないわりに値段が高め。やっぱ、掛川も攻めるとしたら郊外なんでしょうか。

山岡屋浜松薬師店(東区薬師町)
ラストのこれは、本当は自分の中ではなかったことにしたい一杯。よりによって夜中にこの店に飛び込むなんて、完全に血迷いました。
山岡屋浜松薬師店 ラーメン 590円
山岡屋ラーメン590円
空腹状態の深夜にこの店の超こってりラーメンを食べたらどうなるか、サルでも分かりそうなものですが…。案の定、食べ始めたそばから胸やけと胃もたれに襲われ、次の日の夜までまったく食欲がわきませんでした。

ラーメン屋の行列を横目にまぼろしの味を求めて歩く
ラーメン屋の行列を横目にまぼろしの味を求めて歩く

関連商品
中国料理の迷宮 (朝日文庫)
匂い立つ美味 (光文社文庫)
匂い立つ美味 もうひとつ (光文社文庫)
怖ろしい味 (光文社文庫)
ごはんに還る―世界を食べ尽くした男の結論 (祥伝社新書)
by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1856-1ab05fbe

コメント

matildaさん
真夏でもラーメンを食べ続けるのは、習慣というより、ほとんど惰性です。来来亭の唐揚げセット、今度トライしてみます。ステーキは、いまの店主にとって高嶺(高値)の花ですが、そのお値段なら確かに焼肉屋で七輪をつつくよりは全然お得ですね。
夏でもラーメン!
ラーメンは冬の食べ物と思ってましたが、習慣化は怖いですね。
丸源は豚骨ですか。なるほど。再チャレンジしてみます。
来来亭のセットでお得度の高いのは唐揚げなのでは。私の鉄板は
麺固、ネギ多め。スープはそのままでも美味なので敢えていじらず。

最近個人的にはステーキがお気に入りです。海外ではスーパーで
巨大な塊を買って自分で焼いたりしてましたが、ここ日本では
薄切りしかない。しかも高い!
ところが某ブロンコビリーでは300gの巨大なそこそこ美味しい肉塊
がご飯とスープが付いてなんと1,500円。普段の食事としては高い
ですが、旧来からごちそうの代名詞の巨大サイズがこれなら、納得
出来るものかなと。
唯一の問題は、気付いたら脳がスカスカになってるかもしれない(爆)。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99