We Will Survive

今回の警察によるクラブ狩り@浜松の件については、まだ実際に煽りを食らったお店の人と話せてないんで記事にするのをためらってたんですが、何やらTwitter方面じゃそこそこの騒ぎになってるようだし(いつもお世話になってる大阪のDJエラグルさんに教えていただきました)、やはり以前イヴェントでご一緒させていただいた県外の方々→ダースレイダーさんや名古屋のAGOさんなども、ご自身のブログでこの問題を取り上げてくださったりして、地元の人間がこのまま見て見ぬフリを通すのもなんだかなぁと。
そんなわけで、現時点での店主の考えを書いてみますが、お店側から要請があればすぐに記事ごと削除するので、そこんとこご了承ください。
言うまでもなく店主はクラブサイドの人間であって、どう転んでもそっち寄りで物事を見てしまうわけですが、そこを何とか無理矢理ニュートラルな立場で今回の一件を考えてみると、高相夫妻の事件があんだけ派手にマスコミに取り上げられて、現場がなんの煽りを受けないなんてことは、やっぱ普通にいったらあり得ないわけで。
ただ、幸運?なことに、今回摘発まで行かずに行政指導で済んだってことは、考えようによっちゃ、深夜1時までなら営業を認めるって警察からお墨付きをもらったわけじゃないですか。それって、お客さんにしてみたら逆に安心材料だったりするのかも…ですよ。
だったら、いまさら条例がどうとか文句を並べる前に、この状況でどうやったらお客さんたちに楽しんでもらえて箱やイヴェントが存続していけるのか、そこんとこに絞って現場の人間たちで知恵を出し合いましょうよ。昔のディスコなんかキッカリ12時には閉店してたんだから、それに比べたら1時間もなげーし全然余裕じゃん!みたいな。ダメ?楽観的過ぎます?
どっちにしても、こんくらいのことで潰されちゃうようなら、浜松には最初からクラブシーンなんてなかったんですよ、多分。
まぁ、よそはともかく、自分や自分んとこのイヴェントでは、今回の件を現場に携わる人間たちが危機感や問題意識を持つひとつのキッカケにしたいと思ってます。ちょうど、たるんだメンバー呼び出してシメようと思ってたとこだし(オイッ)。
以上、稚文・乱文(いつもだけど)、失礼しました。

【追記】
お店にもチラッと顔を出してきました。小雨の中、看板の灯りが見えた時、ちょっとグッときました。ほんと、あんな音楽なんかどうでもいいシャブ中のバカ夫婦に、うちらの遊び場(店主にとってはリアルに命の恩人)潰されてたまるかって感じですよ。もうね、こっちは、どんな制約があっても太くて濃いイヴェントが打てること、世間に知らしめましょうよ(やや大げさ)。浜松終わりませんから。

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/1968-054a3e04

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99