DJ♥ネグリジェのバカサガ PART3

PART3は1998?1999年までの1年間、ラウンジDJ/ラジオDJ時代をリワインドします。

※記載事項に間違いがありましたらどしどしご指摘ください。

KCが閉店して2?3ヶ月後、メスカリンで「go lounge」というパーティーを始めた。けっこう早く立ち直ってんじゃんwかける曲は相変わらずソウルだったが、一応、当時世界で同時多発的にわき起こっていたラウンジブームを意識していた。浜松でラウンジDJを名乗ったのは俺が最初w

メスカリンで始めたラウンジのパーティーは、最初はソウルバラードをかけてたんだけど、そのうちソフトロックやボサノヴァ、フレンチポップスあたりが中心のガチでラウンジーな選曲になっていった。フリーソウル時代にそのへんのレコードの集め方は習得してたしね。俺史上最も白い時代。

同時期にメスカリンでDJをしてたのがOSUGEEE。俺と初めて会った時は原田知世の「ロマンス」をかけてたっけ。たまにOSUGEEEを俺の弟子だと勘違いしてる人がいるが、彼の師匠は浜松のロックDJの重鎮プジャリさん。本人たちは否定するかもしれないが俺はそう思ってます。

>こら!まだそこまで話が進んでないんだから、ネタバラすなよ! RT @osugxxx: ただのROCKバカをクラブ畑に引っ張って頂いたのは感謝していますが、成長していないので否定し続けてください。

メスカリンではAORもよくかけた。インスパイアされたのは、藤原ヒロシがビームス(だったっけ?)の店内BGM用に選曲したとかいうCD。聴いたこともないのに、雑誌で曲目リストを見てえらい興奮した。Bobby Caldwellの1stから「My Flame」を選ぶとはっ!みたいな。

メスカリンでは俺がUKガラージに目覚める2000年までプレイさせてもらった。店長だったTAOさんにはCrowded Houseの「Don't Dream It's Over」が俺のテーマ曲だとよく言われた。しょっちゅうプレイしたせいもあるのだろうが、曲の内容が俺にピッタリということらしい。

>メスカリンではHenry__01さんとOSUGEEEのバンドも見たんだっけ。あの時紹介されてたら、いろいろ情報交換できたのに! RT @Henry__01: 懐かしいです。あの頃は僕も含めみんないろんな意味でガツガツしてたと思います。ネットも情報も何も無い時代でしたから。

1999年の春から浜松のコミュニティFM局FMハロー!で音楽番組のDJを担当することになった。番組名は『ピクニック・ジャム』、番組のテーマ曲は自分でSwing Out Sister「You On My Mind」のリミックスのインスト部分をサンプラーでエディットして作った。けっこう自信作。

ラジオは毎週日曜の午後1時から4時まで3時間の生放送。選曲は毎週楽しくできたけど、しゃべりがどうにも苦痛でさぁ。そのへん、きっといまラジオをやってる@Henry__01さんなら分かってもらえるかしらw

>(バカサガとは無関係のツイート)これは知らなかった。大友康平 & Cheryl Lynn「My Precious」、配信限定のようです。

ラジオ番組では、4週連続でJam & Lewisを特集したりとか、けっこう好き勝手やらせてもらった。さっきの大友康平で思い出したけど、Jam & Lewis特集ではCheryl Lynn「It's Gonna Be Right」(1985年)もかけたはず。Cheryl Lynnの曲ではこれが一番好き。自分の曲のパクリだけどな。

FMハロー!さんとは実は『ピクニック・ジャム』以前からもお付き合いがあって、そもそもは開局2年目の95年に俺が番組の企画を持ち込んだのが始まり。毎週金曜日の夜10時から12時までオンエアされてた『ウィークエンド・スーパーフライ』がそれで、俺は構成と選曲を担当していた。

番組の初代MCは、その頃ゆりの木通りで「BASE」というセレクトショップをやってた吉川さん。そして2代目MCがちょっと前にも名前が出てきたDJ LIQUORさん。彼は東京のディスコでDJデビューして、浜松に帰省してからは晩年の「City Cafe」でメインを張ってたDJの一人。

俺がLIQUORさんと会ったのはたしかKCで、そう言えば『ウィークエンド・スーパーフライ』では、同店マスターの松井さんにも「やるせなソウル」というコーナーで80年代のソウルバラードを選曲してもらっていた。

FMハロー!『ウィークエンド・スーパーフライ』の1コーナーだった「やるせなソウル」は、その後同局の祝日特番になったことがあって、そこで俺は初MCに挑戦した。ゲストには松井さんと街中で「Spul Trip」というバーを経営する戸田さんの二大ソウルマスターに登場してもらった。

松井さんとは静岡のFM局K-MIXでもクワイエットストームの番組を一緒にやらせてもらった。

K-MIXでやったクワイエットストームでは、この曲をかけたのをよく覚えている。奇跡の甘茶ラップ、Two Kings In A Cipher 「You Know How Yo Make Me」(1990年)。



LIQUORさんに話が戻るけど、当時KCではWBLSだけでなくKISS-FMでTony Humphriesがやってたミックスショーのテープがかかってる時もあって、それを聴きながらLIQUORさんからハウスについてあれこれ指南してもらった記憶がある。

Tony Humphriesはニュージャージーにあった伝説のクラブ「Zanzibar」のDJとしても有名だが、ガラージ目線的には、彼がTodd Edwardsの同郷の先輩にあたることを押さえておきたい。UKガラージ耳を養うには、ひと通りくらいUSガラージを試食することも大切ですよ。

『ウィークエンド・スーパーフライ』と『やるせなソウル』特番から5年ほど間があって、俺はずっとお世話になってるFMハロー!のMディレクターからのご指名で1999年から『ピクニック・ジャム』という番組を担当するわけだが、前にも書いた通り当時は俺史上最も白い時代なんで、俺をコテコテのソウル基地外だと思ってたM氏もビックリしたんじゃないか。

でもSwing Out Sisterいいよねぇ?番組のテーマにした「You On My Mind」(1989年)もいいけど、1stの「Twilight World」や「Surrender」(ともに1987年)もたまんない。このへんも当時の藤原ヒロシっぽいチョイス。

SOSのほかには、Saint Etienne「Spring」(1992年)とかね。『ピクニック・ジャム』が始まった99年って、ガーリー文化最後の尻尾くらいに当たる年だったのかもしれない。Sofia Coppola監督の映画『ヴァージン・スーサイズ』が作られたのもこの年だね。

ほかに、俺の「白の時代」を代表する曲といったらコレだな。Pat Metheny Group「Straight On Red」(1983年)。メセニーはもともと松井さんネタだけど、コレだけはウチの嫁!



(つづく)

ドント・ドリーム・イッツ・オー
ドント・ドリーム・イッツ・オーバー
クラウデッド・ハウス

by G-Tools
Movin'On'Em (3mxs) / You Know How to Make Me (3mxs)
Movin'On'Em (3mxs) / You Know How to Make Me (3mxs)
Two Kings in a Cipher

by G-Tools
ベスト・オブ・スウィング・アウト・シスタ-/あなたにいてほしい
ベスト・オブ・スウィング・アウト・シスタ-/あなたにいてほしい
スウィング・アウト・シスター

関連商品
Breakout: Best of
ビューティフル・メス スペシャル・エディション
ベスト・オブ・カーディガンズ
Cafe Bleu
Somewhere Deep in the Night
by G-Tools
Swing Out Sister作品のiTunesでの試聴・購入はコチラ
Swing Out Sister
ゴナ・ビー・ライト(紙ジャケット仕様)
ゴナ・ビー・ライト(紙ジャケット仕様)
シェリル・リン

関連商品
イン・ラヴ(紙ジャケット仕様)
プレッピー(紙ジャケット仕様)
インスタント・ラヴ(紙ジャケット仕様)
シェリル・リン(紙ジャケット仕様)
イン・ザ・ナイト(紙ジャケット仕様)
by G-Tools
Foxbase Alpha
Foxbase Alpha
St Etienne

関連商品
Continental (Dlx) (Exp)
So Tough (Bonus CD)
Sound of Water (Bonus CD)
Tiger Bay
Tales From Turnpike House
by G-Tools

Saint Etienne「Spring」のiTunesでの試聴・購入はコチラ
Foxbase Alpha - Saint Etienne
トラヴェルズ
トラヴェルズ
パット・メセニー パット・メセニー・グループ

関連商品
想い出のサン・ロレンツォ
ブライト・サイズ・ライフ
Upojenie
ウォーターカラーズ
Still Life (Talking)
by G-Tools

Pat Metheny Group「Straight On Red」のiTunesでの試聴・購入はコチラ
Travels - Pat Metheny Group

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/2100-7a6b0b0e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99