スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DJ♥ネグリジェのバカサガ PART5

PART5は2000年秋、店主が2step DJに転身して浜松初の2stepパーティー「Step×Step」を立ち上げるまでをリワインドします。

※記載事項に間違いがありましたらどしどしご指摘ください。

俺は「タブー」を辞めてもまだ「HOT WAX」があったから良かったが、OSUGEEEは突然飼い主に捨てられた犬のような気分だったろう。

そうか一応書いておこう、OSUGEEEはもともとギタポ系のDJで、浜松を代表するロック/ギタポのパーティー「WAKE-UP!」のオリメンでもある。本人の申告によると「タブー」を辞めた後も「WAKE-UP!」ではプレイしていた模様。いつ、なんで辞めたんですか?

2stepのコンピ『Sound Of The Pirates』には一発でKOされた。どの曲にとかじゃなくて、全部にやられた。レコから立ち上る世界観に圧倒された。そこにはR&B、ハウス、ヒップホップ、ドラムンベース、レゲエなどダンスミュージックのありとあらゆる要素が圧縮陳列されていた。

zookie_xlntz ダブステ?UKファンキーに興味ある人、もし持ってないなら買っといた方が良いです。『SOUND OF THE PIRATES』まだ在庫あったりしますw→ コチラ

そっからはもう2stepのレコバカ買いですよ。地元のレコ屋→ハイタイムスやロッキン、OSUGEEEのイケヤにもロックドオンあたりのブツがポツポツと入荷し始めた。通販は東京の「HOT WAX」や「テクニーク」「HMV」も利用した。お金がいくらあっても足りないから、手持ちのレコを売り始めた。

osugxxx LOCKED ON、RELENTLESS辺りは入荷良かったような。

けっこうプレミアの付いたサントラやソフトロックの名盤が次々と得体の知れないホワイト盤に化けた。「タブー」は辞めたが、R&Bのパーティー「HOT WAX」はまだ続けていたので、そっち系のは売らずにいた。R&B DJではモテてたので辞められなかったのだ。

「HOT WAX」はいま思い出してもいいパーティーだった。ATOMさん、ISAO、俺の三人は、80年代のダンスクラシックや90年代の胸キュンR&Bで、フロアのギャルたちを片っぱしから悩殺していった。Tevin Campbell「Can We Talk」がまだ有効だった時代の出来事です。

初めて2stepを投下したのも「HOT WAX」だ。Craig DavidあたりならR&B好きにもいけるだろうと踏んだ。結果は…まったくダメだった。当たり前だ。BPMが早すぎる。俺のガラージDJとしてのデビューは、ほろ苦いものになった。

>後で思い出したんだが、俺がプラネット(てかクラブ)で初めてプレイした2stepはPrinceをカヴァーしたAmarの「Sometimes It Snows In April(Dreem House Dub)」だったかも。たしかプラネットの平日に開催されていた「DJ道場」に乱入してかけたんじゃないか。

>いい曲だよ。Amar「Sometimes It Snows In April(Dreem House Dub)」(2000年)。



>DJ諸君、これは買わないと!w RT @zookie_xlntz: いまmaterialに中古盤12"在庫ありますww

前にUKガラージ耳を養うなら、ひと通りくらいUSガラージを試食するのも大切だと呟いた。もひとつ言うなら、ソウル/ファンクのつまみ食いも不可欠だろう(本当はどっちも暴飲暴食してるくらいが理想的)。なぜなら、UKガラージのDJの多くはハウスやソウル/ファンク畑の出身だからだ。

いや待て、ドラムンベース出身者も多かったぜ!という声が聴こえてきそうだが、ここではドラムンは90年代のファンクという捉え方で手打ちにしてもらえないだろうか。

ドラムンだけではない。レアグルーブ以降、UKで生まれた音楽のスタイルや運動、例えばクラブジャズ、グラウンドビート、ブリストルサウンド、UKソウル等々、要するに90年代に荏開津広先生が雑誌で取り上げてきたような音楽は、すべて90年代のソウル/ファンクというくくり方ができる気がする。

しかし、そんなエガちゃん先生がUKガラージに傾倒しなかったのは、俺の中の七不思議でもある。

私見だが、ある時期から荏開津広先生の仕事を引き継いだのが若杉実さんではなかったか。

UKガラージの有名DJチーム→Tuff Jamの二人などは、レアグルーヴとSSOLの洗礼をモロに受けた世代だろう。そんな人たちが中心となってUKのガラージシーンを牽引していったわけだから、そりゃハウスからファンクからレゲエからのごった煮になろうってもんだ。

AGOxlntz @djnegligee その辺りは人それぞれ解釈ありますよね。僕は音響ありき、D&B以降のサブベース体験後の非ハウス人によるハウス的何かがUKGやファンキーだと思ってます。UKはスタイルが拡散すると、ブラックミュージックに戻るために定期的にハウスに回帰するのかな?と。

>AGOxlntz @djnegligee USアコガレ。でも勘違い、みたいな。初期のUKGやファンキーってまだ素直にハウスですもんね。

>な?る。Todd Edwardsは本物でもJeremy Sylvesterはまがい物的な。 RT @AGOxlntz: @djnegligee USアコガレ。でも勘違い、みたいな。初期のUKGやファンキーってまだ素直にハウスですもんね。

てめぇの話に戻します。そんなわけでR&Bのパーティーで見事に不発だった2stepだが、すぐにリヴェンジの機会が訪れる。

2000年11月、浜松初のシネコン「ヴァージン・シネマズ(現TOHOシネマズ)」がプラネットでオープニング・パーティーを行うことになった。パーティーを仕切るATOMさんの「ヴァージン=UKだから2stepだろう!」という鶴の一声で俺の参加が決定。今度はガラージDJとしてだ。

同じ頃、プラネットで「ZEN」というパーティーを主宰していたHuckaさんが2stepをかけ始めていた。Huckaさんは元々ドラムンのDJだが、まさに先ほどのAGOくんのリプライ的な経緯で2stepに注目したのだろう。彼もレアグルーヴとSSOLの洗礼を受けていた。

呟きに2step、UKガラージまたは単純にガラージ、略称のUKGなどが混在していますが、基本的には全部おなじ音楽の傾向を指しています。2000年頃は2stepの呼称が一般的だったので、当時のことを呟く時は2stepの呼称が多めに出てきます。

Huckaさんとは互いが2stepをやるようになってから知り合った。eraguruさんが2000年10月に開設した日本初の2stepサイト「2step:REWINDS!!!(以下リワインズ)」のことは彼に教えてもらった。そこでは東京、静岡、名古屋、滋賀、大阪、兵庫…全国のDJたちがクダを巻いていたw

リワインズのBBSに初めて書き込みしたのは2000年の11月だったか。ヴァージンシネマズのパーティーと前後して新しく立ち上げた「Step×Step(ステップ・バイ・ステップ、以下ステステ)」の告知をさせてもらった覚えがある。

ステステを立ち上げる時、俺は企画書とMIX CDを作ってプラネットのマネージャーに直談判しに行った。そんなことは後にも先にも一度きり。大体、俺がMIX CDを作ること自体激レアだ。それだけ突き動かされる何かがあった。

ステステのメンバーには、プラネットのスタッフだったJIN、「ZEN」でプレイしていたAKIに声をかけた。JINはハウスでAKIはドラムンのDJだが、そのプレイぶりが気に入っていた。2stepのDJは俺だけ。Huckaさんを誘わなかったのは何でだろう?別パーティーを立ち上げる予定でもあったのだろうか。

情に厚い俺が捨て犬のOSUGEEEを拾わなかったのも謎と言えば謎だ。たぶん、ヤツはまだ2stepに目覚めてなかったんじゃないか。

ともあれ、無事マネージャーの了解も取り付け、ステステは俺、JIN、AKIの3人でスタートすることになった。旗揚げ公演は2000年11月22日水曜。勤労感謝の日の前日だ。

旗揚げ公演のフライヤーを見ると俺の名前はまだ本名のMAKOTOになっている。レアグルーヴ時代から10年以上名乗り続けたDJネームを捨てEμ(イミュー)に改名するのは年が明けて2001年1月6日(土)のステステからのようだ。

ヴァージン・シネマズのオープニング・パーティーとステステの旗揚げは、たしか同じ週とかそんな間隔で間髪入れずに開催されたと思う。俺の記憶ではヴァージンが先だった気がするが違ってたらごめん。こっちのパーティーは週末でしかもタダだったので、200人くらいお客さんが入った。

ヴァージングループ=UKの企業、だから2stepというATOMさんの論理は、その時は力づくで納得させられたが、よく考えたらいまフロアを埋め尽くしてるお客さんはみんな普通に映画好きな人たちで、UKがどうとか関係ないんじゃ…という当たり前のことにパーティーが始まってから気がついた。

俺は「今日こそは」という思いでバッグに2stepのレコをぎゅうぎゅうに詰めていたし、ATOMさんは早い時間プレイしただけで「あとはお前に任せた」という顔をしている。いまここで2stepを投下しても自爆テロになることは明白だったが、男にはそれでも引き下がれない時があるのだ。

覚悟を決めて手榴弾くらいから投下し始めた。Craig David、Mis-Teeq、Gabrielle…フロアのあちこちで小爆発が起きた気がした、Baby D、Second Protocol…ピッチを上げた。今度は間違いなくフロアが揺れた。Wookie、Zinc…後は何をかけても面白いように爆発した。

ヴァージンのパーティーでは2時間くらいぶっ通しで2stepをかけたと思う。200人とかがバリバリ踊ったんだぜ。これはもう絶対イケると思うじゃん?普通。2step来るでしょー必ずぅ、ってなるよね。

ってことは、ステステの旗揚げは翌週の水曜だったのか。集客は65人だったかな。祝日前だけど一応平日、ヴァージンと間隔が近い、あっちは無料でこっちは有料、言い訳はいくらでも立つけど、んん…って感じだった。それでもマネージャーからは合格点をもらってレギュラーで開催できることになった。

>リレントレスのコンピはSunship「Cheque One-Two(Original Rocker)」入ってたな。アレは12インチより先にそっちで聴いたんだ。 RT @osugxxx: LOCKED ON、RELENTLESS辺りは入荷良かったような。

>血湧き肉踊るとはこのことSunship「Cheque One-Two(Original Rocker)」(2000年)。



>俺が持ってたお皿で一番古いのはTuff Jam「Need Good Love」(1998年)かな。いま調べたらLOX99番。 RT @zookie_xlntz: Locked Onはバックカタログ調べて全タイトル発注しました

(つづく)

Bassline Classics Mi
Bassline Classics
M-Dubs

by G-Tools
Cheque 1 2 [12 inch Analog]
Cheque 1 2 [12 inch Analog]
Sunship

by G-Tools

Sunship「Cheque One-Two (Original Rocker)」のiTunesでの試聴・購入はコチラ
Cheque One-Two - Single - Sunship

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/2104-958fa7d8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。