DJ♥ネグリジェのバカサガ PART22

PART22は、店主が1年間の休業を経てDJに復帰した直後、見たことも聞いたこともない難病に罹り入院する急転直下の2006年をリワインドします。

※記載事項に間違いがありましたらどしどしご指摘ください。

ゆうべはプラネットカフェでたくさんのDJの方から、ここ読んでるよと声をかけて頂きました。こんな与太話にお付き合い頂き本当にありがたいことです。

その中で、ここは浜松クラブ史という側面も兼ねていることを改めて思い出させてもらった。だが、所詮俺目線ではどうしても欠落してる部分があるわけで、例えば2000年にクローズしたクラブ「チョイス」なんかがそう。

「チョイス」は、浜松のクラブ黎明期から「City Cafe」などで活動したDJのシンムラくんが1996年に立ち上げた店だが、俺は2回ほど貸切パーティーでプレイしたのみの基本客だったので、この店について多くを語ることができない。

俺がフォローさせてもらってるDJではMATVさん、DJ310、MASAOMIくんあたりが呟き始めてくれるとおもろいのになぁ。あと、ツイッター外ではTURUさんとか。

2004年春に有楽街にオープンしてあっという間にクローズした「STUDIO 1981」にも俺は参加していない。お話を聞かせていただく機会はありましたが。グランドオープンのテイさんには普通に客として遊びに行った。

あとは、マメちゃんの「Trenchtown Cafe」か。こっちも遊びにしか行ってないな。マメちゃんのお別れパーティーが「Cross Over Club」であった時は直前に知ったんだ。顔が出せてよかった。

「ハンボルト」も客でしか行ってない。俺目線の浜松クラブ史で大きく抜け落ちてるのはそのへんかな。けっこう虫食い、どころが穴ぼこだらけの年表だな。

さて、そんな感じでバカサガ再開。今日リワインドするのは2005年春、俺がDJを休業したところからです。

2005年はDJを休んだわけだから、特に呟くようなことがなくて当たり前。全国のガラージDJたちと疎遠になってすでに3年近く。そろそろお互いの携帯番号が削除されていても不思議でない頃だ。

だが、eraguruさん、AGOくん、ズッキーさん、若杉さん、森さんあたりとは、なぜか年に1度くらい直接会ったり連絡を取ったりという関係が続いていた。

>2004?2005年頃ズッキーさんと疎遠にならなかったのは、HMVイオンモール浜松志都呂店にズッキーさんが転勤してきたからだ。なので、フライヤーを置かせてもらいに行くたびに会ってたんだけど、なぜか一緒に浜松のクラブで遊んだ記憶はないw

この年には暇にまかせてブログなんかも始めたんだけど、そっちを見たDJたちはきっと驚いただろうな。なぜなら、そのブログで俺が取り上げていたのはクラブミュージックではなくアイドルポップスだったからだ。

アイドルについて呟き始めるとキリがないし本題から離れる一方なので、ここではスルー。ガラージ耳で聴いてりゃ話は別だが、前にもツイった通り、アイドルポップスやアニソンはあくまで電波耳で聴いてるんでね。

そんな感じで、DJを休業し、現場(クラブ)からも足が遠のき、別の現場(アイドル)に足繁く通うようになった俺は、今度こそ全国のガラージDJたちと接点を失ってもおかしくなかった。ところが皮肉にも運命はそうは転がらなかった。本当に皮肉なことにw

翌2006年6月、俺は原発性アミロイドーシスという難病に罹り、長期入院を余儀なくされる。1年間の休業を解き、DJ活動を再開した矢先のことだった。

>現場復帰は2006年2月のCATCHY!、春からはプラネットカフェでOSUGEEEたちと「宇宙喫茶」という平日の新パーティーも立ち上げた。

俺が入院する少し前の2006年5月14日(日)、L. L. COOL J太郎こと杉作J太郎さんとダースレイダーさんをゲストにお招きして「J-PANIC!」というイヴェントをセコンドで開催した。

一応、JさんにかけてJ-POPイヴェントと謳ってはいた。だが、フロントのRYOGERとCYN-D-OKUがフロアを温め、ダースレイダーさんのDJとライヴを挟んで杉作さんが登場した瞬間、120%杉作さんのイヴェントになった。セコンドがロフトプラスワンになったのだw

2006年の春頃には「Farlenheit」と「Klan Club」というクラブでもプレイした。どっちもメスカリン時代にお世話になったTAOさんのバンドの専属DJみたいな感じで。

当時はどっちの店もブラジル人が経営してたんだけど、あの頃バイレファンキやってたらなぁ。まぁ、日本に住んでるブラジル人はファンキ嫌いって説もあるけど。「Farlenheit」にはのりピーも出入りしてたね。閉店したのは事件の前だったか後だったか。

6月末にはプラネットカフェでajapai『unaffected』のリリースパーティーも控えていた。俺は3年半ぶりに森さんをサポートできるのを楽しみにしていた。無念なり。

20年来の戦友であるセコンド楠木社長の呼びかけで俺の入院費・治療費を募るチャリティパーティーがセコンドで開催されることになった。ありがたいではすまされない身に余る光栄だった。

プラネットカフェでもチャリティーのライヴイヴェントを開いてもらった。静岡のOKI-CHU、ラマン、カトレヤン、アンタマといったDJたちもチャリティパーティーを開いてくれた。多くの店に募金箱を設置していただいたり、もちろんいろんな方からお見舞いも頂いた。感謝。

>プラネットのイヴェントでは、OSUGEEEやリサとともにTAOさんや鶴田俊美(Reverb/Swamp Water)さんにもご尽力いただいた。鶴田さんはこの春からブラジルへ渡り、現地で様々なボランティア活動に携わっている(ブログ参照)。鶴田さんには入院中から今までたくさんの勇気と刺激をもらった。

ミズモトアキラさんにも浜松と静岡で何度もチャリティーパーティーを開いていただいた。そればかりかミズモトさんは、L. L. COOL J太郎名義による杉作さんのラップ、HALFBYさんのリミックスをフィーチャーしたチャリティーCDまで制作してくれた。神!

>ミズモトさん、HALFBY(高橋孝博)さんは、それぞれ浜松でのパーティー明けにわざわざ病院までお見舞いに来てくれたこともあった。

杉作さんのラップの内容の無さでは完全に「We Are The World」を超えたと讃えられるこのチャリティCD『Lesson Sex』は静岡コーナーショップのShigeru Soundさんのご厚意によってリリースされた。まだ持ってない人はいますぐCornershopへ!

俺のソウルの師匠である松井さんもバーでチャリティーの催しを開いてくれた。こちらにはかつてのKCの常連が集まったようだ。俺が密かに開催を目論んでいたKCの同窓会が、幹事の俺抜きで行われたのが少し悔しかったw

2006年9月3日(日)セコンドで開催されたチャリティーパーティーには、eraguruさん、TANNY-Dさん、AGOくん、ズッキーさん、MAHIROくんも参加してくれた。ガラージDJご一行は病院にも立ち寄ってくれた。名古屋ガラージガールのマウちゃんナオちゃんも一緒だった。

当日はHuckaさん、OKI-CHU、アンタマも参加していた。俺が文字通りカラダを張って実現させた束の間のガラージDJリユニオンだった。またしても幹事の俺は除け者だったがw

東京の今井さんからも電話をもらった。若杉さんやKatsutaくんたちと一緒にお見舞に来てくれるという話もあったが、ちょうど俺が隔離病棟に移るタイミングで日程が折り合わず実現しなかった。その時、今井さんも大怪我から立ち直ったという話を聞いて勇気をもらった。

森さんにはお見舞いにエクスクルーシブのミックスCDを頂いた。ファンキーではないハウス中心の、いまとなってはけっこう貴重な内容かも。

eraguruさんは9月のチャリティーの前にも、一人でフラッとお見舞いに来てくれたことがあった。事前に電話もメールもなく本当にフラっと病室に現れたもんだから、病名宣告よりよっぽど心臓に悪かった。

その時、俺が最近何かオススメあります?と聞いたら、eraguruさんはSolid Groove(レーベルじゃない方)だと答えた。本当はダブステップと言いたいところを、俺が食いつきそうもないと判断したのかもしれない。

だが俺はその時Solid Grooveも知らなかった。あとになって調べたらSolid GrooveことDave TaylorがSwitch名義でリリースした作品は耳に覚えがあった。ズッキーさんがたしかmixiで「A Bit Patchy」を2005年のフェイヴァリットに挙げていたからだ。

2005?2006年当時はまだフィジェットハウスという言葉は使われていなかったはずだ。だから、そのカッコいい呼び名とともにDave Taylor周辺の音源が最新のトレンドとして紹介されていたら、俺は真っ先に飛びついていただろう。

何しろ俺は、UKガラージを棄てて走ったファンキーハウスに対する熱があっさり冷めて以降、DJとして自分の中心・核となる音楽に出会えずにいたのだから。

ともあれ、eraguruさんとそんなやりとりがあった2006年夏には、俺はまだ(後の)フィジェットハウスには手を出さずにいた。代わりに俺が病院のベッドの上で夢中になったのは、2000年代最大のスターDJ、Diploとその周辺の音源だった。

代わりとか言いながら、多分この時点でもSwitchとDiploはニアミスすれすれ、2009年には2人でMajor Lazerを結成しちゃうんだから面白いよなぁ。これだから音楽探究やめられない。

>あのハゲのオッサン、実はなかなかの策士ですよね。自分一人じゃスターになれないから、SindenやDiploといった華のあるDJと組むw RT @zookie_xlntz: Solid Groove買った時、こんな事になるなんて予想もしてなかったすww

(つづく)

プッチRADIO
プッチRADIO
L.L.COOL J太郎

関連商品
恋と股間 (よりみちパン!セ)
L.L.COOL J太郎―帰ってきたワイルドターキーメン (レジェンドコミックシリーズ (2))
男の花道 (ちくま文庫)
松嶋×町山 未公開映画を観る本
新・人間コク宝
by G-Tools
ガレージ男の魂
ガレージ男の魂
DARTHREIDER

関連商品
プロローグ
マニフェスト(初回限定盤)(DVD付)
by G-Tools
Straight Jackin'
Straight Jackin'
Solid Groove

by G-Tools
不思議の花
不思議の花
SWAMP WATER

by G-Tools
A Bit Patchy [12 inch Analog]
A Bit Patchy [12 inch Analog]
Switch

by G-Tools
A Bit Patchy
A Bit Patchy
Switch

by G-Tools

Switch「A Bit Patchy」のiTunesでの試聴・購入はコチラ
A Bit Patchy - EP - Switch
ガンズ・ドント・キル・ピープル・レイザーズ・ドゥ
ガンズ・ドント・キル・ピープル・レイザーズ・ドゥ
メジャー・レイザー ニーナ・スカイ プリンス・ジンブー レフトサイド アンディー・ミロナキス Ms.シング Mr.レックス Mr.ヴェガス フューチャー・トラブル タービュランス ヤー・ダン

関連商品
Treats
Contra (Ocrd)
Congratulations
TRIBUTE TO THE SUN(トリビュート・トゥ・ザ・サン)
Tradition in Transition
by G-Tools

Major Lazer作品のiTunesでの試聴・購入はコチラ
Major Lazer
別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/2134-49b1bf1e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99