DJ♥ネグリジェのバカサガ PART27

PART27は、再び店主のパーティー遍歴に戻り、退院から1年以上たってようやくDJに本格復帰した2008年6月を手短にサクサクッとリワインドします。

※記載事項に間違いがありましたらどしどしご指摘ください。

今日リワインドするのは2008年6月、退院から1年余り経ってようやく俺がDJに本格復帰するところからです。

俺は20年以上DJを続ける中でいろんなハイプを見てきた。レアグルーヴ、クラブジャズ、アシッドハウス、バレアリック、アシッドジャズ、ジャングル、フリーソウル、ドラムンベース、ディープハウス、ハッピーチャーム、ハッピーハンドバッグw

>失礼しました。ハッピーハードコア、ハッピーチャーム、ハッピーハンドバッグと続けるのが筋だねw RT @okichu: ハッピーハードコアは?w

>ビッグビートも抜けてましたw RT @okichu: ハイプを渡り歩いてきた男としては外せません!w

そしてもちろん2step。とりあえずどんなハイプにも一度は乗ってみる。それが俺のDJとしてのポリシーだ。クラブミュージックなんてどうせハイプ。昔は口に出すのが躊躇されたが、いまではそれが俺の持論だ。

俺が現場に本格復帰した時の持ち玉はフィジェットハウス、韓流ベース、ベースラインハウスだった。ベースラインはもちろんeraguruさんの影響。日本で流行る気はまったくしなかったが、俺の流儀に則れば本場ロンドンのハイプには乗るべきだろう。

その頃バカ売れだったベースラインがコレ。H "Two" O feat. Platnum「What's It Gonna Be」(2008年)



まったくチャラいにもほどがある。ちなみにPVは絶対ハルヒダンスの影響を受けてると思う。

復帰の時プレイしたベースラインは、Addictive & T2とDJ Q。DJ Qはあのクラシックっぽい大仰なリフこそ肝だと感じた俺は、そっからマリスミゼルにつなげた。特殊DJにしかできない解釈w

>韓流ベースを初めてドロップしたのもこの夜だ。玉はもちろんWander Girls「Tell Me」。

前回のフィジェットハウス考察に倣うなら、俺はこの時限りなくUKガラージDJに近い何かだった。レアグルーヴDJでもソウルDJでもハウスDJでもなく、ニアガラージDJとして俺は現場に還ってきた。これも何かの因縁だろうか。

>でも当時のブログを読み返したら、2回目のセットではUKソウルのMovement 98やSould Outもプレイしてたようだ。思いっきりレアグルーヴ?フルーソウルの文脈じゃんw

>さらにダメ推しで岩里祐穂&菅野よう子の神コンビによるアニソン→Akino「Go Tight!」や電波ソングの魔理沙まで…。ガラージDJちゃいますやん。

ベースラインは復帰一発目だけでヤメにした。BPMが速すぎた。ダブステップを自分のセットから外したのも同じ理由。どっちもBPMは140を超えていた。

またしても消去法でフィジェットハウスが残った。BPMは130前後。だが結果的にはこれが正解だった。この後ヤマダリヲと結成するエレクトロDJユニット→絶頂兄弟はこのBPMでしか実現しなかったからだ。

(つづく)

What's It Gonna Be [12 inch Analog]
What's It Gonna Be [12 inch Analog]
H Two O

by G-Tools
What's It Gonna Be
What's It Gonna Be
H Two O

by G-Tools

H "Two" O feat. Platnum「What's It Gonna Be」のiTunesでの試聴・購入はコチラ
What's It Gonna Be - H

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/2149-31e20ca4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99