FC2ブログ

RA MU「青山Killer物語」

ど忘れしている人もいるかもしれないので(笑)念のため説明しておくと、RA MU(ラ・ムー)は菊池桃子がヴォーカリストとして在籍したバンド。本田美奈子が在籍したMINAKO with WILD CATSとともに、80年代のアイドルブームの終焉と直後のバンドブーム到来を決定づけたという点において資料的価値の高いバンドです(笑)。RA MUのシングル曲は「少年は天使を殺す」や「TOKYO野蛮人」などヤケクソ気味にインパクトを優先したタイトルが目立つが、その決定版というか末期的作品がこれ。ただ、曲自体はいかにも和泉常寛らしい王道MOR路線で、悪ふざけはいっさいなし。それこそあの頃の青山キラー通りに象徴されるバブリーな気分にぴったりハマるこじゃれた楽曲に仕上がっている。ここまでバブルの時代を思い起こさせるアイドルポップスってのも珍しいだろうから、その点でも貴重な作品と言えそう。
(1989年作品)

作詞/売野雅勇
作曲/和泉常寛
編曲/新川 博

>>公式ページ(菊池桃子)
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

B00005H0AQ
スペシャル・セレクションII
菊池桃子

関連商品
スペシャル・セレクションI
ADVENTURE
南回帰線 ?トロピック・オブ・カプリコーン
オーシャン・サイド
ベスト・コレクション
by G-Tools
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/38-ff825815

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99