スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実録 J-PANIC! 開催秘話

j&me

J-PANIC!が終了して2日、いまだ放心状態が続いています。ここ何ヶ月かの間、このイヴェントのことしか頭になかったから当然と言えば当然か。でも、さびしいけど、宴は終わった。最後に今回のイヴェント開催までの経緯、イヴェント当日のJさんたちとのちょっとイイ(裏)話を書いて締めくくりたいと思います。ま、実際は、ここにはとても書けない話の方がよっぽど多いし面白かったんだけどね。

◆今回のイヴェントのそもそもの発端は、実は(やっぱり?)ハロプロだったりします。去年の7月23日、東京で震度5の地震があったその日、原宿駅から夏のハロコンが行われていた代々木第一体育館へと向かう歩道橋の上で、男の墓場プロのTシャツを着たJさんご一行と偶然すれ違ったんです。もちろんそれ以前からJさん大好きだったんですが、その時、なんか「This is 運命」みたいなものを勝手に感じました(笑)。

◆Jさんへイヴェント出演依頼のメールを出したのは今年の1月上旬。何のツテもないまま、ダメもとでメールを出しました。いま思えば、男の墓場プロの映画の上映が迫りJさんが最も忙しい時期で、もちろん簡単に返事なんて来るわけない。それでもあきらめず再度メール。…無応答。自分のタイミングの悪さを棚に上げ、やっぱりツテがなきゃ無理かとあきらめかけていた3月中旬、何とJさんご本人から留守電が入る。あわてて折り返しTELして、ついにJさんと声のご対面。その時のJさんからの留守電を、今回一緒にサポートDJを務めてくれたRYOGERくんやJさんファンのDJ310さんに興奮して聞かせて回ったことを思い出します。

◆3月中には開催日程とダースレイダーさんの参戦が決まったものの、4月に入ると映画のアンコール上映があったりで、再びJさんとの連絡が取りづらい状況に。これはもう、とにかく映画の上映が終るまで待つしかないと腹をくくる。実際、最終上映の翌々日にお電話したらあっさりつながりました(笑)。

◆イヴェント当日、ダースレイダーさんは前日ライヴがあった和歌山から電車で、Jさんは東京から車を運転して浜松入りされました。お二人とも浜松を訪れるのは今回が初だったそうです。にもかかわらず、ザザシティという場所でHIP HOPのイヴェントが行われているという情報をどこからか聞きつけ、すんなりその場所に辿り着き、たまたまそこでフライヤーを撒いていた店主たちと合流してしまうダースさんの嗅覚と触覚の鋭さには恐れ入りました。

◆約1時間におよんだトークとライヴの後、JさんはそのままDJに突入。たっぷり1時間、伝説のカオス的(顔素敵w)プレイを披露してくれました。実はこの時、すでに多くのお客さんがJさんのサイン待ち状態だったので、そのことをJさんに伝えると「今日は持って来た曲を全部かけたい。サインはそれからでいいですか?」との答えが。なんかね、お客さんには申し訳ないけど、その言葉を聞いた時、Jさんがこのイヴェントを心から楽しんでくれているような気がして、とても嬉しかった。

◆イヴェント終了後、Jさんをホテルへ送り届ける車の中、店主がベリヲタであることに話がおよんだ時の会話。
Jさん「一番ハマっちゃいけないとこにハマっちゃいましたね」
店主「はい、自分でも取り返しがつかないことになってると思います」
Jさん「そうでしょ?それは掟(ポルシェ)さん見てれば分かりますよ」
で、ホテルに着いて、お疲れさまでしたのあいさつの後にJさんが一言。
「でも、行く(逝く)ところまで行ってくださいね!」

◆翌日の昼過ぎ、Jさんを見送りに再びホテルへ。別れ間際、念願だった男の墓場プロのサンドイッチマンも体験させていただきました。実はこれが一番の自慢だったり(笑)。

最後に、杉作J太郎さん、ダースレイダーさん、店主のわがままにつきあってくれたJ-PANIC!のすヴぁらC?クルー、DJ→RYOGER&CYN-D-OKU、VJ→ビデオボーイ、スタッフ→リサ&ミナコ&助っ人クロッペ、ケンサク店長はじめSECONDスタッフのみなさん、宣伝に協力してくださったお店やラジオ局の方々、そしてもちろん当日遊びに来てくれた大勢のお客さん、本当にありがとうございました!

※上のJさん&店主の写真は、またまた静岡のレコード店コーナーショップのオーナー、三輪さんが撮影したものをお借りしました。激感謝!

>>公式ページ(杉作J太郎)
>>公式ページ(ダースレイダー)

This is 運命
This is 運命
メロン記念日 新堂敦士 つんく

関連商品
さぁ!恋人になろう
告白記念日
甘いあなたの味
赤いフリージア
電話待っています
by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/485-52978dbf

コメント

もつ煮さん
コメントありがとうございます。「カオス的→顔素敵」変換どうぞご利用ください。できれば、2つ前の記事の写真にあるJ太郎さんの笑顔のようなケース限定でお願いします!(笑)
DJ310さん
ねぇ、もう一生ものの金言を頂いちゃいました。行け(逝け)ば分かるさぁ~♪的な下の句がないのが逆に奥深いなと(笑)。終演後、310さん向きのスゴネタたくさん聞けたので、今度こっそりお話しますね。
こんばんは!「こどもののみもの」でコメした、再びもつ煮です。
読んでて、ものすご楽しそうでイイ!一つのことにツッコめるっていいなぁと思いました。「カオス的」(顔素敵)変換、私もお借りしたい(笑。
「でも、行く(逝く)ところまで行ってくださいね!」
すばらしいお言葉をいただきましたね。

羨ましいです(笑)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。