スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃井はるこ『アキハバLOVE』

結局のところ、店主はアキバ系のこともモモーイのことも、まったく何も分かっちゃいないのだろう。それでも、彼女がぱふゅーむ×DJ momo-i「アキハバラブ」の作者でありプロデューサーであるという事実を忘れることはできないし、あの衝撃を再び期待してしまうのも事実。表記は違うが、その問題の曲と同じタイトル(おそらく彼女のスローガンなのでしょう)が付けられたこの本だって、やっぱり気になってしょうがないわけで…。Perfumeヲタのみなさんとかは、そのへんどうなんでしょう。もしかして、そこまで「アキハバラブ」に思い入れがあるのは店主だけ?
(2007年1月25日発売)

>>公式ページ

アキハバLOVE
アキハバLOVE
桃井 はるこ

関連商品
魔法先生ネギま! 17 (17)
さよなら絶望先生 第6集 (6)
びんちょうタン(2) 初回限定版
渡辺明夫アートワークス
おおきく振りかぶって Vol.7 (7)
by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/854-01cc824f

コメント

びっきいさん
黒歴史ですか(笑)。当時、本人たちもあんまりノリ気ではなかったのかな。少なくともアキバ系にくくられるのは不本意だったんでしょう。見てる側としては、そんな異種配合がスリリングで面白かったんですけどね。「チョコレイト~」は「ファン・サーヴィス」のc/wなのでしょうか?そんなに最高なんですか?早く聴きたい!
あはは
パフュのファンには黒歴史だと酷評されてますね。
中田作品と比べて毛色は違うけど、
私はこういうのもアリだと思います。
他のモモーイの作品は知らないんですけど(笑)。
「ぱふゅ~む」名義としてるわけだし、
振り幅が大きければ大きいほど、
Perfumeは持ち味を発揮できるでしょう!
ちょっと早いが『チョコレイト・ディスコ』最高!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。