スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松田聖子「ハートのイアリング」

冬の裏ナイアガラ・クラシック!いや、待てよ、作家陣の顔ぶれ(Holland Roseは佐野元春のペンネーム)からして、これは(たとえ御大不在でも)ナイアガラ直系の作品と呼んでもいいのか…やっぱダメか(笑)。それはともかく、店主にとってこの曲は、いつどこで誰と聴いても切ないアイドルポップスの筆頭格なんだけど、特にいま時分の季節に聴くと確実に切なさ2割増。恋人との関係が冷めきってしまった(でも未練もたっぷりある)女性の心象風景を描写した松本隆の歌詞がたまりません。松田聖子が最初の結婚('85年6月)までにリリースしたシングルの中では、一番好きかも。
(1984年作品)

作詞/松本隆
作曲/Holland Rose
編曲/大村雅朗

>>公式ページ
>>曲を試聴する
>>PVを視聴する

Seiko Box/大全集
Seiko Box/大全集
松田聖子

関連商品
Touch Me,Seiko
Recollection~中森明菜スーパー・ベスト~
Pineapple
ユートピア
SEIKO Smile~SEIKO MATSUDA 25th Anniversary Best Selection~
by G-Tools

別バナー fc2rank1
↑↑↑話題の音楽系ブログが大集合!
当ブログもランキングに参加中。
応援のワンクリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://punchrecords.blog8.fc2.com/tb.php/864-52d77e87

コメント

ありがとうございます!!
店主さん、おはようございます。
早速にトラックバックをありがとうございます!!
こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
MR&Oさん
コメントありがとうございす。早速HPを拝見し、お言葉に甘えてトラックバックも貼らせていただきました。松田聖子さんの各楽曲に対する考察と掘り下げ度の深さは、さすがですね。これからもちょくちょく遊びに行かせていただきます。
こんにちは!!
Music Review and Opinions(松田聖子 音楽レビューサイト)の管理人です。松田聖子さんに関する話題を見つけてやってまいりました。

松田聖子さんのシングルとしては比較的地味な「ハートのイアリング」ですが、作曲された佐野元春さんのファンの方にも根強く支持されている作品ですね。まさにこの季節にピッタリの歌だと思います。

私たちのサイトはブログではないのですがトラックバック受付機能がありますので、もしお気が向きましたらトラックバックをください。

シングル「ハートのイアリング」のトラックバックURLは
http://mro.xrea.jp/catalog/tb.php/prod/19/lang/4 になります。

トラックバックをしていただくと、以下のページにこの記事の概要が掲載され、このページにリンクされます。
http://mro.xrea.jp/catalog/product_info.php/products_id/19

よろしくお願いいたします。
スイカさん
初コメントが松田聖子の記事とはサスガです!次回浜松帰省の折には、ぜひ1曲お付き合いさせてください(笑)。
歌えますけど、カラオケで。わたくし。
聖子を師匠とあやかってるので。
コメントレス
>windさん
それは自慢でしょう!隠しておくのは逆によくない(笑)。
>ひとみさん
うっ、鋭いツッコミ(笑)。でも、松本隆は昔から、けっこう古風な言葉使ったりするよね。ここでは、主人公の女の子が、男を次々の乗り換えるようなタイプの子じゃないことをわざと垢抜けない言葉で表したかったのかもよ…ってマジに分析しちゃったよ!笑
>びっきいさん
全盛期の明菜では何が好きだろう…。「Liar」とかかなぁ。全盛期過ぎてるか?笑
聖子は
楽曲に恵まれてたね。
それに比べて明菜は…(略)。
細野氏の『禁区』は好きだけど。
私も大大好きです!この二人が作ったとは知らなかった~どおりですばらしいハズですね♪歌詞はどの言葉も切なくてまさに胸キュン。でも以前、「悔しいからスキーに行くわ 頭の中で“こしらえた”彼と一緒に」という歌詞に気付いて、「アイドル曲なのに“こしらえた”ってアリなの~」と、ツッコミを入れました。
私、松田聖子と全く同じ年の同じ日うまれなのですよ~♪
でも、ここだけの話でよろしく。(^^;)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。